スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手コメントを見る

誕生日と化学物質過敏症

彼女の誕生日の当日に、出かけようと玄関をでたところ、自宅マンションの共用廊下に漂っている柔軟剤のニオイに曝露してしまい、その場で倒れてしまいました。すぐに自宅に戻して介抱していたのですが、状態は安定せずに、それ以降、より感度が上がってしまったようです。

およそ1ヶ月間、彼女は自宅から外に出られていません。その間、外部の毒に触れることないよう、努めてきました。それでも体から排出する量よりも、受動してしまう毒の方が多いようなのです。そのほとんどが、換気扇から入り込んでくる近隣の柔軟剤のニオイですかね。

換気扇から入り込むなんて、、と思われるかもしれませが、実際あるんですよね。
比較的安全だと思っていた自宅内が汚染されていると分かった時の絶望感。逃げ場がないと思うとパニック状態になったり。

ちなみに、僕が仕事から戻るときも、通勤電車やバスの中で衣服に付けられたニオイを連れて帰ってしまいます。そのため、玄関に入ってやること…をここに書いたら、長くなりそうなのでそれはまた後日。

さて、前々職のボスだった方から「かびんのつま」という漫画があると紹介していただいたのですが、読むのが恐くてまだ購入に至っていません。つのだじろうの恐怖新聞(古っ!)のように未来を知ってしまうのではないかという恐れです。
そんなわけで、リンクを紹介するのも憚れるのですが、興味がある方は以下のリンクを読んでみてください。「かびんのつま」の著者による環境化学物質の権威へのインタビュー記事です。

インタビュー > 話題騒然!!人ごとと思っていては危ない、『かびんのつま』に描かれた【化学物質過敏症】の衝撃の真実!!!<前編>
スポンサーサイト
拍手コメントを見る

tag : 化学物質過敏症 柔軟剤 ダウニー

化学物質過敏症

相方が数年前から「化学物質過敏症」なるものを発症している。
Chemical Sensitivity = CS と略されることもあるこの病気は、認知度も低く理解もされにくい。
そのため、発症した側からすると、弱りに目に祟り目な状況に追い込まれるようだ。

これから暫くは、この話題について書いていこうと思う。
とりあえず、本日はここまで。 拍手コメントを見る

tag : 化学物質過敏症 柔軟剤 ダウニー

こまったお客様

ふふふ、1年ぶりにBlogを書いてます。
よくパスワード忘れなかったものだ。

で、本題。

今年(2014)の頭に、とあるプロジェクトの担当になったのだけれども、、、のお話。

プロジェクト自体は
1. 使っているシステムが古くなったので新しい環境に移したい。
2. 新しい環境で動かしてみたら、おやおや動かない。
3. どうして動かない?調べて頂戴。
4. え?担当者がすでに退職?
5. 解決できるひとだれかいない?
6. 何とかしてくれるかもしれない会社を知ってます。
7. 簡単なお仕事らしいけど、やります?
8. やります。

という流れになったらしい。

このお仕事をもらってきたお世話になっている会社のPMさんいわく
・金額的には安いので必要最小限の修正で。
・テストなどはすべて発注元でやる。

てな感じだったので、やってみますか!のノリでゴー。

新しい環境で動作させるために調べてみたが、まぁその、蓋を開けてみたらそんなに単純な仕事ではなかった。
その理由として
・意味不明なクラッシュが発生するが、それの情報が全然ない。
・理解することが困難なツギハギだらけの古のソースコード。真面目に解析したら3倍の金がかかるでしょう。

それでも修正個所とその方法に目途がついたところで、いったんお客様と打ち合わせを行うことに。
アポをとって訪問してみたら、先方の担当者は定年間近なおじいちゃん。
そのおじいちゃん、(修正の入る前の)現行システムが使いづらいので、こんな修正できますか?的な雰囲気になった。

もちろん、見積もりにはそんなものはない。

…はずだったのにPMいわく「時間的に余裕があれば考慮するという話でしたが」
と言うと先方は「そんな事はない。ちゃんとした要望で発注した。」と。

今回のお仕事が終われば、新規に仕事を発注するというニンジンをぶら下げられたものだから、了承。

ただね、この「聞いてなかった」内容がそれなりにヘビーでしてね。
ま、それでも2月頭に納品したんです。

そしたら、「2月、3月と検証できないから、4、5月で検証し、不具合がでたらサポート可能か?」と言ってきた。
追加料金なしである。

で、PMは仕方なくそれを受けちゃうし。きっと何か弱みを握られているに違いない。

3月から別のプロジェクトが始まったので、サポート厳しいですよ~と伝えていたが、案の定、「期待通り動かない」という苦情が3月末に発生。

しかも、障害レポートがほぼ意味をなしていない。
うまくいくときもあれば、いかないときもある。…んだとか。

交渉も面倒なので、再現するファイル一式の入手を依頼するとふつーにメールに添付してきたりする。暗号化もなしで。
極秘情報じゃないの?漏れると何人もクビが飛ぶんじゃないの?

ま、しらね。

で、その環境を手に入れて確認すると、全然問題ない。
それを伝えると、納品したプログラムファイルを送り返してきて、「これで確認しろ」という要望。

手元にあるものと同じものなのに、
それで確認したのに、
それでも「確認しろ」って。

やりまた。問題ないです。

「環境問題かもしれないから、こっち来て確認しろ」って。

本日、PMに訪問時間を調整してもらったら「今日はプログラムが期待する動作したとか言ってた」という情報を入手。

なんなんなん? 拍手コメントを見る

TypeScript って…

えーと、ほぼ1年ぶりのブログ書いてみようと思いまして。

こんな不精なところでも、30/日くらいのアクセスがあるんですね。ありがたいことです。
Excelの別ウィンドウ化や SQLのエラーの対処法が人気のようです。いや、人気っつっても分母は小さいわけですが…

それでも、誰かの役に立ってんだなぁと思うと、書いて(過去形)良かったなぁと思ったりします。

さてさて、話は TypeScriptに入ります。入るっていってもまだ何もないので、覚悟の宣言みたいなものです。

いろいろ情報をあさってみたのですが、あちこちで「すごい!」とか「こりゃいい!」などの賛辞をよく目にしました。最大のメリットは「javascript で静的型付けができる!!」なようです。

…(javascriptって)できないんだ!??!!??

というくらい、javascript に素人な僕なわけで、TypeScriptのその秘めたるポテンシャルがさっぱり判らんのですよ。
それでも、食扶ち確保のため、これから勉強してときどきここにフィードバックしていこうと思っております。

それではまた。
拍手コメントを見る

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

tag : TypeScript

ExcelのSDI化の落とし穴

以前に書いたExcelを別ウィンドウ(SDI)で開く。Win7編という記事に拍手+コメントを頂きました。
頂いたのですが、どこにも公開されることの無いコメントなので(たぶん)、返事のしようが無く、ここに新しく記事を書くことにしました。
※FC2の拍手コメント機能ってどう使えば効果的なのかさっぱり判っておりません。

さて、別ウィンドウでExcelを開けて万々歳!と思っていたのですが、ひとつ不便なことがありました。
それは、ブック間(ファイル間)のシートのコピーや移動ができないことです。
ブックAのシートAAをブックBにコピーしたり、移動したり、が、別ウィンドウで開いたExcelブックだと出来ないんですね。
ひとつのExcelで複数のブックを開いてあげると、移動もコピーもできるので、臨機応変に使い分けていただけるとよろしいかと存じます。 拍手コメントを見る

テーマ : Windows
ジャンル : コンピュータ

tag : Excel 別ウィンドウ SDI Win7

ブログ内検索
プロフィール

雷ぶ

Author:雷ぶ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月間アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。