スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手コメントを見る

怪談:天からの贈り物

空気の澄んだキャンプ場に昼前に到着した。
あいにく空は曇ってはいるが、都会の猛暑から逃れられたという思いで気分は開放的になっていた。

ここはキャンプ場といっても公営でも私営でもなく、施設らしきものは何もない。水回りもないからあらかじめ飲料水などは買い込んでおく必要がある。
命綱となるコンビニも、ここから4~5キロ離れた場所にあった。
川の水なんて飲めたもんじゃない。というのも、トイレすら存在しないので、基本「自然に返そう」が暗黙の了解となっている地域だったからだ。
当然、不便極まりないのだが、無になれそうな気がする場所であることには違いない。そういう点が気に入ってこの場所を選んだのだった。

仲間は既にテントを組み立て始めている。さて、俺も、、と思ったらケータイ電話が鳴り始めた。
山間に響き渡る場違いの着うた「サザエさん」は、表示をみるまでもなく、お袋からの電話だった。

テントを組み立てている連中は、こんなとこまで電波が届くんだな、とからかっている。

「もしもし・・・」
「良かった。あんた、無事?」
「無事だけど、何?」
「今しがた、あんた宛ての妙なハガキが届いてね。『今日の昼12時から。悔い改めよ』って書いてあるから。何だか気味悪くなっちゃって。」
「なんだ、それ?誰から?」

案の定、差出人は不明。ハガキは至ってシンプルな文字で書かれているらしい。
腕時計をみると、ちょうど12時を回ったところだった。

「無事ならいいんだけど、無茶しないでよ。」

味の無くなったガムを吐き捨てて、もう電話すんじゃねーよ!と啖呵を切ろうと思った矢先、「え?え?なに?なに?・・・」というお袋のパニくった声が聞こえた。
「ちょ、ちょ、ちょ、掛け直すわ」と言って、ガチャンと電話を一方的に切られてしまった。

まったく、なんなんだよ!
取りだした煙草を口にくわえて、最後の1本だった事に気が付いた。ビール飲む前に買い出しに行かなきゃな、と考えていたら、また「サザエさん」が鳴り始めた。

「ケースケ!」
「こんどは何?」
「げ、玄関先になんだかグニャっとしたものがたくさん落ちているの・・・」
「は?なに?それ?」
「なんだろ、これ、、、」

「は?」
わけのわからない事をいってやがる!と吸っていた煙草を捨てて、怒鳴ってやろうかと思ったら、

「あつっ!あちっ、アチチ!!、、、ギャー!!!」
「ど、どうした!?」
「た、た、た、煙草が、煙草が降ってくるぅぅ~」

ギョッとなって捨てた煙草に視線を移した。捨てたはずの場所には煙草はなかった。もしや!?
「オカン、最初のグニョグニョしたのって、ガムじゃないか?」

「へ?ガム?そうかもしれないけど、もう煙がすごくて・・・近づけないわよ!」
咳き込みながらも、かろうじて言葉をしぼりだしている。

そういえば、

数日前の夜、路上でガムを吐き捨てた時に黒ずくめの老婆に何か言われた。災いがどうのこうのと言っていた。
相手にはしなかったのだが、こちらを見る目に寒気を感じたのは思い出した。

まさかなとは思いつつ、ためしにツバを吐いてみた。

「ひ、ひぇぇぇぇ!!!」電話口でお袋が悲鳴を上げている。
「なんか、今度はなんか水っぽいのが降ってきた!!!」

状況が飲み込めた。どうやら俺が何かを捨てると何倍にもなって家の玄関先に現れる様だ。
自分の考えをかいつまんで説明し、そんな子に育てた覚えはないよ!と泣き叫ぶお袋に「次が大事なトコだから、腰をぬかすんじゃねぇぞ」と言い放った。

俺は、老婆の冷たい視線を思い出しながら、「つめが甘いぜ!婆さんよ!」とニヤケながらポケットに突っこんでいた千円札を取り出し、ポイッと捨てた。

「なんかヒラヒラ降ってきたけど、、、ぎゃぁぁぁ」
「驚いたか!!」
「ばかっ!燃え始めた!家が、家が・・火が移った!!」

舞い降りた千円札は煙草に引火したらしく勢いよく燃えあがり、その炎は実家に燃え移ったらしい。
電話が切れたので、急いで掛け直したが繋がらない。

電話での会話が切れたとたん、静寂が広がった。
周りをみわたすと、仲間は食料の買い出しに行ったらしく、車が見当たらなかった。
ツイている。この秘密を知られないでいる方が都合が良かった。

しばらくすると、また「サザエさん」が鳴った。

「家、燃えちゃったよ。」

落ち込むお袋に対して、俺は余裕しゃくしゃくだった。ただ、ポケットにはもう金は残っていなかった。

「俺がなんとかするから心配すんなよ。」と心配する声色とは反して笑顔が広がったのだが、突如、俺は体の異変に気が付いた。

「やべぇ、オカン。そこからすぐに離れてくれ。」
「どうしたの、これ以上何がヤバいっていうのよ。」
「俺・・・腹下したみたいだ。」


スポンサーサイト
拍手コメントを見る

せーのっ!

「はじめまして」
「こちらこそはじめまして。ささ、こちらにお掛けください。」
「いえいえ、お先にお掛けください。」
「なにをおっしゃいますか。ささ。」
「うーん、では『せーのっ』で一緒に座りましょう!」
「そうです・・・ね。では、、」
「せーのっ!」

「遠いところわざわざ申し訳ございません。大変だったでしょう?」
「いえいえ、2時間圏は、近所みたいなもんですよ。」
「フットワークが軽いんですね。」
「いえいえ、今のは度が過ぎた冗談でした。すみません。」
「あーすみません。お気を悪くされましたら、すみません。」
「いやいや、こちらこそ、すみません。」
「何を、おっしゃいますやら・・・」
「あの、では『せーのっ』で一緒に謝りましょう!」
「・・・そうですね。では、、」
「せーのっ!すみません。」

「冗談といえば、私どもの上司が古典的な駄洒落が好きでしてね。」
「ほほぅ、古典的な駄洒落ですか。興味がありますね。」
「いや、本当にくだらないことを言うもんですから、下のものとしては困っているんですよ。」
「具体的にはどういった内容なんですか?」
「そうですね。。つい最近のだと『上司に上申するのか!?』というやつですかね。びっくりしましたよ。」
「そりゃ、そうですよね。上司だから上申するんですから。」
「なんていうんですか、無理なつくり笑いがパラパラって広がっていく感じで、最後には仕方なく拍手まで起きちゃって。広がり方に時間がかかればかかるほど、その後の雰囲気が悪くなるんですよ。」
「もしかして、反応が遅い部下には態度が冷たいとか?」
「あります。あります。時には連帯責任かよ!!と思いたくなるほど過酷な業務を反応が遅かった社員が属するチームに押し付けたりするんですよね。容疑者となった社員は同じチームのメンバーから悪質な嫌がらせを受けたりする事もあるらしいんです。」
「大変な苦労をされているのですね。なるほど。キッカケがあれば一斉に反応できる。そういった環境を整備したいんですね。お役に立てそうな気がしてきました。」

「割り込み失礼!」
「あ、部長。どうされたんですか?」
「いやね、今回とびっきりの人材の引っこ抜きに手を焼いているって聞いてね。私なりに手伝わせてもらおうかと思ってね。」
「はじめまして。」
「こちらこそ、よろしく。よろしくのよっちゃん。」
「・・あ、はい。よろしくの・・・よっちゃん」
「なんだ、なんだ?話の分かりそうなヤツじゃないか。さすがだな。」
「恐縮です。」
「で、君の、その、なんて言ったっけ?」
「シンクロ理論ですよ、部長。」
「あー、そのシンクロ理論っての。日本語にすれば同期化理論って事だよな?」
「はい、いくつか論文は書かせてもらっています。」
「簡単に言うとどういうこと?」
「では、そうですね、いま書きかけの論文があるのですが、それをもとに・・」
「おっと、ちょっとまって。最新の同期化理論をここで話されちゃうとボクの動悸が激しくなっちゃうぞ。」
「・・・・」
「・・・・・・・・」
「せーのっ」 拍手コメントを見る

童話 doo-wop

どーもいかん。
ここのところずっと、雷ブが書けていません。

いや、書いているときもあるのだけれども、すべて非公開なのです。

なんと言っても内容が面白くない。自己防衛に必死な自分が見え隠れする。
齢42歳。これまでに築いた自身のキャラクタをここにきて方向転換することを拒んでいる。

のだと、思います。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

突然ですが、ここに、袋があるとします。
袋には有形無形に関わらず、これまでの色々なものが入っていて、これからも入っていくのだとします。
袋は、生地の目の細かさや、大きさは人によってさまざまです。
まるで、ザルの様な人もいれば、ナノテクよろしくバクテリアの這い出る隙間すらない人もいます。
袋の大きさは、きめの細かさが粗い人は小さく、きめの密度が高い人は大きい傾向があるようです。

滅多に利用しない、「xx をお持ちではないですか?」

きめの粗い人に尋ねたところ、袋をあさって、すぐさま「たしか有った筈なのですが見当たりません。」といいました。

きめの細かい人に尋ねたところ、しばらくして「保障はできませんが、たしか有った筈なのですで、お急ぎでなければ後で取り出しておきます。」といいました。

ひとつではなく、いくつかの袋にわけている人は、最初に袋を探し当て、「たしかに有ったのですが、不要になったため処分してしまいました。」といいました。

では、みなさん、あちらに移動してください、という号令の元、一様に移動する人々。

きめの粗い人ほど軽快な足取りなのに対して、細かいひとは、その袋の大きさ・重さに比例して足取りが重くみえます。

中には、袋の重みによる疲労のためか、移動を諦めている人もいます。
中身をいくつか破棄して袋を軽くしてみてはいかがですかと提案してみると、そもそもナゼ移動しなければならないのか?という質問が返ってきました。

理由はないのです。理由は必要ないのです。
その質問に対して満足する回答が得られない限り、袋の中身を処分していただくことは叶わないのでしょうか。

足取りの軽い先頭を行く人は、その行程に袋の中身をばらばらと落としていっています。
袋の中のものを大切にしておかないと、その先で困ることになりますよ。急がずともいつかは到着できますから、もう少し袋の中身を大切にしてみてはいかがですかと提案してみると、何が必要で何が不要なのか先にわかればいいのだが?という質問が返ってきました。

知ることはないのです。知る必要はないのです。
その質問に対して満足する回答が得られない限り、歩みを慎重にしていただくことは叶わないのでしょうか。

--了--

んー、オチない。 拍手コメントを見る

傘爆発

 終電まであと10分

 忌まわしい雨が神社の舗装されていない地面にぬかるみを作っていた。
 さすがにこの雨だ。気温も冬に逆戻りで吐く息も白いとなれば呑気な花見客が居るわけもなく、商売あがったりのテキ屋は顔を赤らめて天に向かって舌打ちをしていた。
 男は使い古したビニール傘を強風の中でしっかりと握りしめ、足早にその場を通り過ぎようとしていたのだが、屋台の影に潜んでいた水たまりに片足を突っ込んでしまい、短い悲鳴を上げて自分の運のなさを呪った。だがもう時間がない。男は冷たくなった左足から聞こえるガッポガッポという不快な音が雨音に消して欲しいと願いつつ駅への道を急いだ。

 終電まであと5分

 駅に着いた男は傘の水気を飛ばす目的で力任せに開閉を繰り返した。その時、パキンと音が鳴り、骨組みのひとつが折れたその刹那、それをきっかけに次々と残りの骨組みが折れ始めた。
 男はとっさに傘を閉じようと試みるが、緊張から解き放たれた骨組みは我が世の春を謳歌するがごとく、頑なに真っ直ぐでありたいというその性質のため、古くなって硬くなり始めていたビニールを突き破らんばかりの勢いで自我を貫いていた。

 終電まであと3分

 下りのエスカレータに乗りつつ、もはや原型をとどめていない物体をどうにか元あるべき姿に戻そうと奮闘してみる。が、全く言う事をきかない骨組みは更に複雑にお互いに絡みつくようになっていった。

 終電まであと2分

 まずい。このままでは電車に乗れない。万が一にも満員電車だった場合、錆びたところで折れた骨の先端が他の乗客に刺さりかねない。まずい、まずい、まずい。考えろ俺!と男は改札の手前まで来て、その場所を抜ける事に躊躇した。左足が濡れている事はもう頭になかった。

 終電まであと1分

 男は意を決した。改札の向こう側にいる女性の駅員を視界に捉えると、一直線にその駅員の前に向かった。

「すみません、この傘あっちに落ちてたんですが、折れてて危ないので拾ってきたんです。処分しておいた方がいいと思いますよ。」

 駅員は深々と頭を下げて、わざわざすみませんでした。ありがとうございました。と男に言った。

 電車に乗った男は、自己嫌悪に陥ったが、その反面、自分の演技力に自分で驚いていた。

------

 駅員さん、嘘ついてごめんなさい。 拍手コメントを見る

似非ファッション通

自分は結構流行に敏感だから若者のファッションについての話ぐらいはできると混雑した車内で大声で話す初老の男の頬はうっすらと赤くなっていた。そのファッション通の男に従っているリクルートスーツに身を包んだ若い女性二人はうんうんと頷いている。上司と新入社員という関係の様だ。

東京METRO南北線目黒方面にその女性二人組は乗ってきた。夜はこれから。六本木にでも繰り出すのか挑発的な格好をしている。
車内はほろ酔い気分で家路についているサラリーマンたちが若い女性の登場に心が踊り、会話のボリュームが上がっていたり、脈略もなくモノマネを突然始める新入社員のコミュニティーがいたり、兎に角注目をあびようと躍起になりかけていた。

だが、その女性二人の雰囲気を各々が確認すると一度は燃え上がった炎もあっという間に鎮火の波が押し寄せて静かな凪状態となった。

彼女たちは、そう、思った以上にダイナミックだった。

女性のひとりはピンクのやや丈の短いTシャツを着ており、いかにも遊びなれた化粧をしている。左手にはハデハデのFRISKケースを持ち、反対の右手には大きめのプラダの様なバッグを肩に乗せたまま、ずんずんと混み合う社内を中ほどまで進んでいった。

中ほどの席では、先ほどのファッション通の初老の上司が酔った勢いに任せて数駅前から戦時中の話に突撃していた。
彼は話に夢中になっており、挑発娘の登場に全く気が付いていない。

挑発娘は大きなその荷物を網棚に投げ入れた。いや、投げ入れようとしたがあえなく落下。その結果戦争話に夢中になっているオヤジの頭に直撃したのだ。
謝る挑発娘の存在に一瞬だけ怯んだファッション通の戦争オヤジは、従える新入社員の手前もあり、心の広さを強調しつつ問題ないと笑顔を返す。

一通り謝り尽くした意外に腰の低い挑発娘は再び網棚に挑み、ようやく後一押しの状態までにこぎつけた。
が、そこで膠着。今や揺れる車内で万歳状態である。

短いTシャツからこぼれるはみ出し気味の腹部が電車の挙動と連動するように波を打っている。

ファッション通の戦争オヤジは、身動きのとれなくなった腰の低い挑発娘に向かって微笑みながら言った。

「腹だしルックですね」

期せずして復讐を成し遂げた戦争オヤジの部下二人の顔は青ざめていたが、それ以上に直撃を受けたハゲ頭も青くなり始めていた。 拍手コメントを見る
ブログ内検索
プロフィール

雷ぶ

Author:雷ぶ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月間アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。