スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手コメントを見る

マツダ・シナリ

これ、どうよ!?


マツダの「シナリ」というそうな。
スポンサーサイト
拍手コメントを見る

テーマ : コンセプトカー
ジャンル : 車・バイク

カーナビ様の帰還

注意:はじめに、、長いですよ。

しめ鯖号(Impreza GDBC)からキス天号(Subaru R2) に移設したパイオニア製のカーナビ(AVIC-ZH77MD)が引っ越し2年目で無反応となったという事は以前に報告した通り。
しばらく放っておいたのだけど、無味乾燥の液晶画面をみていると虚しくなるし、音楽機能の代わりに鼻歌を奏でると「いったいぜんたい何の曲だよ!」という相方からのドツキ攻撃から逃れるためにも、修理に出そうと決めました。

パイオニアのホームページを訪れると、サービスセンターへの持ち込みは実機だけ。取り外しなどの作業は行わないとのこと。
取り外し云々を頼むとなると、ディーラーに持って行くとか、オートバックスとか、イエローハットに持って行くことになって、余計な工賃が発生してしまう。
車の電装品はまったく詳しくないけど、カーナビくらい自分で外さんとな!(ケチなだけ)ってことで作業開始。

必要なもの。

10mmのレンチ(バッテリー端子を外すため)。
マイナスドライバーと長めのプラスドライバー。
ラジオペンチ。
メモ紙、ペン。

作業中の危機への影響や感電等を防ぐためにバッテリーのマイナス端子を外す必要があります。。
バッテリーを外すと、トリップメーターがリセットされので、リセットされて困るものは予めメモしておきましょう。僕の場合は、燃費計算にしかつかっていないけど走行距離を一応メモ。

AVIC-ZH77MD は2DIN埋め込み型。R2の化粧版をマイナスドライバーで丁寧に外し、、っていっても、どこに爪があるのかわからないので、適当にやってみた。
開けて分かった事だけど、化粧版の爪はど真ん中の下にあって、そこにそっとドライバを差し込んであげれば「ペコッ」と外れるはず。

化粧版を開けると車体とカーナビを固定してるステーがでてくるので、プラスドライバで4か所のスクリューを外してあげる。
なお奥の2つは、結構遠くにあるので、長いドライバが必要になります。

固定個所が外れると、本体をズルズルっと楳図かずお氏のへび女のようにゆっくりと引っ張り出すことができます。ただし、長くないケーブルもあるので、無理に引っ張らない事。

表に出てきた背面にはなにやらゴチャゴチャと配線ケーブルが。
自由度を高めるためにも短めのケーブルから外していくのが効率がよさそうです。
ナビ裏


でもまずは、背面左下にある電源ケーブルから外します。
ケータイ電話との接続ケーブルは、左右にロック解除のボタンがついているので、押しながら引っこ抜きます。
GPSアンテナケーブルはロック機構が付いているですが、端子が小さくて僕の指では解除不可。指とラジオペンチを駆使して引っこ抜きます。

残りは、マイクケーブル、TVアンテナケーブル、AM/FM/VICS ケーブルを外します。
TVアンテナケーブルは4本もあって、端子が色分けされているわけでもなく、どれも同じに見えます。よくみるとケーブルにシリアル番号がらしきものが印刷されているので、それぞれがユニークであることを確認して、取り外しの前に端子の位置とケーブルの組合せをメモします。

カーナビの取り外しが終わったら、バッテリーのマイナス端子を元通りに装着。
エンジンがかかることを確認して、作業終了。

都筑区のパイオニアサービスセンターに持って行き、ここのところの不具合を語って、ナビが無いと不便ですね、という世間話まで。
事実、サービスセンターの地図の簡易版をプリントアウトしてしまったので、途中で迷いそうになってしまう始末。いつから地図の読めない脳になってしまったんでしょ。

それはさておき、受付でタッチパネルがずれてしまう問題や、CDの音飛びが頻繁に起こっている事なども伝えると、修理には上限金額があり\28,875以上の負担はないとのこと。
なので、不具合があればすべて修繕対象となるけれども、\28,875 を超える事はない。

とりあえず預けて帰宅したんですが、しばらくすると電話連絡があり、故障原因と見積もりを報告していただきました。対応が早い。

HDDをコントロールする基盤に問題があったため、HDDの内容を壊してしまっていた。そのためシステムが起動しなくなっていた。
HDD自体にはハードウェアトラブルはないが、内容はすべて消去されてしまう。
あと、CDのピックアップやタッチスクリーンの交換もふくめて、合わせて\28,875の上限額となるとのこと。

HDDの内容が初期化されるということは、これまで録りためた音楽が全てパーになるってことです。がぁぁぁん。
どうせ消えるならと思って、HDDももう寿命じゃないの?と突っ込んでみたけど、診断ツールではまったく問題がなかったって。頑丈なヤツめ!

ま、心機一転。こつこつと録りためればいいや。
ただ、「嵐」だらけになりそうなのは正直しんどいけど。

僕の見ている風景 【初回仕様盤】僕の見ている風景 【初回仕様盤】
(2010/08/04)


商品詳細を見る


木曜日に修理にだして、火曜日には修理完了の連絡が。やっぱり対応が早い。
木曜日も、火曜日も、所用で有給をとっていたので、なんちゅータイミングの良さ!?って感じで、夕方受け取りに行き、帰宅後装着。

プチプチのパッケージを開けると、綺麗な綺麗なタッチスクリーンが・・・・と思ったらサービスセンターの人がテストしたんでしょうね、指紋が数か所に。
ちょっとグレーな気分になりながらも、取り外しの手順とは逆回しで作業を開始。

取り付けは10分程度で終わり、異音もなく無事に起動して、GPSも正しく受信してるし、ラジオもテレビ(アナログ!)も問題なく受信してます。
CD持ってくりゃよかったなぁ、と思いつつ、それはまた次回のお楽しみって事にしました。

あー、長かった。
拍手コメントを見る

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

ブレーキとアクセルを踏み間違える?

どこかに突っ込んだとか、転落した事故とか。
何度もなんども同じセリフを聞きます。

「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」

なんで?なんで?

パニックになるとダメなんですね。
止まるはずなのに止まらない!!って更に踏みつけるんでしょうね。

マニュアル車の場合、急ブレーキの時って停止時のエンストを防ぐ目的でクラッチを切りますよね?
クラッチ切った状態で、間違ってアクセル踏んでも加速するわけがなく、運動抵抗が少なくなったエンジンは回転数が一気に跳ね上がるから、少なくとも視覚と聴覚の両面から「違う!」って気が付きやすい。

一方、オートマチック車は、こういった副産物的な安全装置はあり得ないんですね。
ブレーキペダルを大きくしていてもダメって事らしい。

どうせ遊んでいる左足です。有効活用を考えてみました。

急ブレーキをしようと考えている場合、ドライバーも踏ん張ろうとするでしょう。
そのときに左側にペダルがあり、それを踏むと仮定して、左側のペダルと右側のアクセルが同時に踏まれたら加速しないっていうのはどうでしょうか。

だめですね。

単純な方がいいから、ブレーキペダルを左足が届くところまでカバーするような巨大なものにするのが現状よりはベターというところでしょうか。

どちらにせよ車からすると、停まるの?走るの?どっちなの!?って感じでしょうが。 拍手コメントを見る

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

Make a noise

次世代自動車(ハイブリッドカーとか電気自動車とか)の走行音が静か過ぎるからって、なんらかの音が必要なのでは?という協議会が開かれたようです。

わかるわぁ、これ。
区役所で書類もらって駐車場に向かっていたときに、いつの間にやら背後にプリウスが居たときはびっくりしたもの。

あぶなーとは思ってたんですけどね。でも、今更考えることか?って気がしないでもない。

で、自分なりに考えたいたのはエレクトリカルパレードを流しながらはどーでしょ。
クラクションを押すとミッキーがあの声で「車だよぉ!」とか言っちゃうの。

ところが彼方此方でパレード音楽の輪唱が、しかもドップラー効果などの影響を考えてみると、、、
ダメだよね。調律された音楽を不調律で聴くほど苦痛なものはないでしょうから。

ノイズってものはいくら集まってもノイズなんですが、音楽はタイミングがずれてあつまると気持ち悪いノイズになるみたい。
そう考えると、もともとノイズとして分類された音は、実は心地よいものなのかもしれません。乱暴ですけど。

さて、実際のところどんな音に落ち着くんでしょうか?
フェラーリサウンド、ドゥカティサウンド、ボクサーサウンド。
そういったオプションがディーラーオプションになったりして・・・ 拍手コメントを見る

FT-86コンセプト発表

SUBARU と TOYOTA のコラボ車、FT-86 コンセプトが東京モーターショーで出品されるようです。
FT-86 コンセプト

SUBARU の BOXER エンジン(NA) を積んだ FR スポーツカーとのこと。
写真は、トヨタブランドのものだからかもしれませんが、セリカっぽく見えます。
スバルブランドだとどのような顔立ちになるのか興味深いです。

FT-86 の"86"は、走り屋さんに大人気の往年の名車 AE-86 カローラレビン・トレノから持ってきたとのこと。
F、T はそれぞれ、富士重工とトヨタの頭文字でしょうかね?

市販車となった暁には、トヨタの手心が加わって、その内装には文句つけにくいものになるのかもしれません。SUBARU車の内装は評判悪いですからね。
僕自身は気にしてません。内装に金かけるくらいなら、メカに注力してよっ!って思いますから。

2011年末に販売開始目標だとか。
お金貯めなきゃ!! 拍手コメントを見る

tag : FT-86 SUBARU TOYOTA

ブログ内検索
プロフィール

雷ぶ

Author:雷ぶ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月間アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。