スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手コメントを見る

電脳的近況回顧録

てらこさんの日記みて、面白い遊びというか電脳的回顧録の方法が書いてあった。
…のでやってみた。

ルールは簡単。ケータイの予測変換で最初の候補を嘘偽りなく列挙するというもの。

で僕の結果は以下の通りでした。
#予測変換エンジンは、mobileWnnです。

あ:あと
い:一
う:受付
え:駅
お:大山

か:形に
き:気を付けて
く:ください
け:けます
こ:ここ

さ:さくら
し:しないと
す:数年
せ:専念
そ:そうさ

た:単なる
ち:鎮座し
つ:つもり
て:転職
と:当日

な:なかったもの
に:似てますね
ぬ:縫いぐるみ
ね:寝過ごし
の:のんびり

は:話は
ひ:日だ
ふ:フム
へ:平気な
ほ:方が

ま:ましぇん
み:皆には
む:向かいます
め:面
も:申し訳

や:やって
ゆ:夕方
よ:予定

ら:雷
り:了解
る:♪
れ:連絡
ろ:ロード

わ:ワハハ
を:ヲ
ん:んだね

補足:あ~く までで一つの文になっているのが笑える。
スポンサーサイト
拍手コメントを見る

調子悪いなぁ

もう、物思いにふける秋なのか?
今日は精神的に調子が悪かった。
仕事も自宅でやります宣言し、PCに向かっていざっと Visual Studio を立ち上げたのだけれども、アイデアがおぼろげのまま具現化できない。
将棋や囲碁やチェスやオセロやその他色々の思考ゲームに例えると数手先を読む事ができないのだ。
ひらめいて実装し、「あ、やっぱ駄目だ」と。
その都度キッチンの喫煙場所に足を運び一服したり、シャールにお線香をあげたり。でもその最中も悩み続けている。

小さな小さなコントロール(ボタンとかリストボックスとかそういったものの総称)のクラス設計なんだけれども、どうしてもある値の持たせ方というか、その値の単位が決まらない。
【コラム】
クラスってのはルール(振る舞い、しきたり)が記載されているものです。
クラスを実体化したものをインスタンスとかオブジェクトと呼びます。
例えば、人という概念(≒クラス)があって、そこには性別、生年月日、名前などがあります。
これは誰にでも当てはまるものなので、「人ってものを識別するには、コレとかアレとかで個人を特定できるよね」という事が書いてあるわけです。
このクラスを元にして、ある特定の情報を入れていくと個人が作られる(≒インスタンス)わけです。
乱暴ですがそんなもんです。
で、まぁ考えもまとまらんし、実験を兼ねて別のコントロールでも作ってみるかと思ったら、意外なことにヒントが隠されてあったりで。
物事を別の観点から見ることの大事さを改めて感じました。
一歩先行く人クラスを継承したインスタンス(≒雷蔵)になった気がします。
拍手コメントを見る

宿題

残すところあと1日ですね、夏休み。
学生諸君、ちゃんと宿題やったかね!?
「やべぇ」と思っている君たちに、雷蔵おじさんからヒントをあげようじゃないか。

自由研究案その1:「家で寝てすごすとどうなるかやってみました」

-> 日焼けした友達と比較して、「メラニン色素は成長しませんでした」

自由研究案その2:
「食べてばかりだとどうなるのかやってみました」

-> 昼寝している家族の写真を隠し撮り、「数年後にはこうなる事が予想されます」

自由研究案その3:
「右手一本で金持ちになれるかやってみました」

-> パチンコの景品をみせて、「使ったのは右腕、特に手首だけなんですが、金持ちにはなれませんでした。あ、父(母)がですよ、父(母)が。」 拍手コメントを見る

壁紙

97年に描いたシャールの寝顔。
智蔵が入院中寂しいから写真を持ってきてくれと言った。

で、頼まれてもないし、望まれても無いのに、シャールの絵を描いて持っていった。

ような気がする。:D

自宅のPCと仕事用に買ったNotePCの壁紙にしている。

んだけれども、さっき気がついたけど次のページの落書きがうっすらでている。。
○| ̄|_

スケッチブックいっぱいに描いているからスキャナで部分取り&合成が必要なんだよねぇ。残念。。

寝顔

拍手コメントを見る

買い物@港北

智蔵がジムに通う準備のため、港北の Sports Authority に水着を見に行った。
僕は、最近めっきり参加しなくなったフットサルだけれども、ふらぁっとサッカーコーナーに足が向いた。
で、以前買いに来たときには無かった、リフティング練習ボールを発見。店員さんに「何でないの?」と詰め寄っていた甲斐があったというものだ(って、忘れてたくせに)。
さぁて、練習すっぺかな。

途中、恵まれない動物のためのペット保護団体のテントに遭遇。
猫がいっぱいいて、どうしても茶トラに目がいってしまう。
なんだか胸いっぱいになって、居たたまれなくなってしまった。
リハビリも大変だ。

今晩、別の用事のついで?に、旧友のハギーと港北のモザイク・モールで食事をした。
店の名は「Cafe La Boheme
双方車だったため、アルコールは注文せずに飲み物はもっぱらコーヒー#お替り無料。

智蔵はガンダムねたを展開し、はぎーは巨人の星「猛虎・花形満編」で応酬していたが、食前、食中、食後、ひっきりになしにウェイターがコーヒーを注ぎに来る。しかも確認なしで。
いやぁ、もう飲めませんよぉ
なんて言う常識が通用する団体ではない。出されたものは片付けるのが礼儀だといわんばかりのコーヒー暴飲。さすがに今晩は眠れないだろう。
なんていう常識が通用する僕ではない。ベッドに入ればものの5分で寝れるのが特技なのだ。のび太は5秒だったかな?彼の足元にもおよばないのだ。

ストライクゾーンの広いハギーから分かれた後に、「デートに使えますね!」というメールが入った。

おぅおぅ、使え使え!うまくいきそうだったら紹介しなよ。
ただし、ガンダム好きな子じゃないと、ウチは敷居高いよ。 拍手コメントを見る

ボールペン画家の残り No.2 - No.6

面倒になったから、一気にアップすることにした。
No.5 が無い!欠番です。
何を描いたっけ?と考えていたらスニーカーを描いた事を思い出した。
どこいっちゃったんだろ??

マルボロ チューブ カセットテープ マグカップ

拍手コメントを見る

ボールペン画家の作品 No.1

1991年は僕が社会人になった年。
入社早々5月病?になり、高熱(39~40)が2週間も続き、緊急入院となった事があった。結局原因不明だったのだけれども、医者から家族に対しては、「覚悟しておいてください」と伝えていたそうな。

「覚悟」しなければならなかったのは、入院前よりも五月蝿く落ち着きのない人になるだろうから。という意味だったのだなぁと今では思ったです。

先月、仙台に帰ったときに、姉がそっと僕のカバンに忍ばせておいたのが、僕が入院中に描いた添付の絵。全部で5枚あるうちの第一弾。

姉のカバン


入院中に持っていた筆記用具はボールペンと便箋だけだった。
あまりにも暇なので、それで絵でも描くかぁとなっちゃったらしい。

ボールペンって意外に繊細な線が描けるんだなぁと感心したのを、この絵を見て思い出した。

もう、紙に対しての絵はずっと描いてないなぁ。
智蔵の入院時に色鉛筆で似顔絵かいたっけかな。
「にてねー」と一蹴されちゃいましたが。

さて、第2弾の予告ですが、当時吸っていたマルボロ。
拍手コメントを見る

ペレストロイカ

似た言葉で
ペレ、ストライカー
Yes、Yes、Yes!!

むぅ、くだらないなぁ。

その昔、横浜市緑区が分割されて青葉区ができたときには
「なにっ!ア・バオア・クー!!」と思った。
憧れの地になったのだ。 拍手コメントを見る

最後の川

2005/08/24 に永眠したシャールを本日火葬した。

昨晩は、いつもどおり、シャールの定位置である智蔵と僕の間に安置して、いつもどおり川の字を作って最後の夜を過ごした。

2005/08/25 朝
死後硬直がゆるくなり、少しは姿勢を変えやすくなっていた。

Google で検索して見つけていたペットの葬儀をやっている会社に電話し、時間調整と段取りを記憶する。

改めて、シャールのトイレをのぞいてみたが、おしっこもウンチもしていない。ベッドで漏らしている様子もない。

彼は、二人が出かけたのを見届けて、大好きな場所=ベッドに向かい、そこで息絶えたようだ。

正直、突然すぎた。全然元気だと思っていたし、「死」を予感させるものはなにもなかった。
亡骸をみても、どこにも変な箇所はない。

智蔵は、「おっきしよう。しないと骨になっちゃうから」とずっと語りかけている。

ちょっと混乱していた僕は、楽しいことを考えようとして、昔から疑問だった「ういちょわ」を思い出し、ブログ引越しの第一弾として投稿してみたりした。
失敗。アップテンポなビートはきつかった。

14:00
台風11号が近づいている中、葬儀を行う寺に到着。さっそく火葬するということになった。
榊の葉ですくった水を口元に一人ずつ運んであげる。
火葬にはおよそ1時間かかるらしい。温度を尋ねると 700℃で燃やすとの事。ドアが閉められたときは辛かった。

煙突が見える場所に案内してもらい、二人でおいおい泣きながら雨に打たれても、間を縫うように昇る煙を眺めていた。

15:00
台風11号は気まぐれのようだ。時々雨を強く降らせたり、まったく降らさなくなったり。二人が移動するときは偶然にも雨は上がっていた。
またドアのところに行くが、もう白骨がそこにあるだけだった。
もっとやさしくしてあげればよかった」と智蔵が言葉にならないような声で言った。

いやいや、しっかりとした真っ白な骨、立派です。病気をしていたりすると、骨が黒ずんでいたり、ストレスが多いと細かい骨など形なんて残らないぐらいカルシウムがもろくなっています。みてください、この細い骨。これは肋骨部分ですがしっかりと残っていますよね。幸せな生活を送っていた証拠です。」と立会人の方。

この言葉には救われた。
彼が幸せだった証拠が骨にでているとは想像もしていなかった。

この後二人で骨を拾い上げていく。
立会人の方は、「それは指のつめの部分です」「そのあたりは骨盤」「この辺りは下あごですね」と説明をしながら手伝ってくれている。

しかし、小さい。本当に小さい。
あれだけ大きかったシャールが、小さな骨壷に入りきってしまった。

16:00
自宅に到着し、骨壷を安置する場所を二人で片付ける。
ボトルキャップのガンダムやら、小さなフィギュアが乱立している場所であり、留守中にシャールが何度も隠れて上り下りしていた場所。

片付けていたら、埋もれていた昔の写真が出てきた。
シャールが我が家に来て、まもなくに写したものだった。
よくよく見ると、幼少期なのに大きいが、やっぱり子猫の顔をしている。
かわいいぜ、こいつ!!
その写真が自然と遺影になった。

立ち直るまでは時間がかかるだろうけれども、しっかりと送り出してあげないといけない。今日一日は大いに泣こう。明日も泣きたくなったら泣こう。笑顔を少しずつ増やして、シャールを安心させないといけないから。

もう川の字は作れない。

無理やり体を屈折させると「ル」にすることはできる。
いやしかし「ル」の「レ」部分は僕のパートになる。疲れるから辞退しよう。

ん?なんだ、「り」でいいんじゃん。 拍手コメントを見る

ういちょわ

子供電話相談室の
♪ダイヤル・ダイヤル・ダイヤル・ダイヤル
♪ま・わ・し・て
♪パカスカ・パカスカ・パカスカ・パカスカ
♪「ういちょわ」 <-- これっ!

って聞こえます。 拍手コメントを見る

我が名はシャール

われはシャールなりぃ!
1995年、鳴り物入りで賃貸の我が家に舞い降りた猫。
エイリアン・ストリートの登場人物の名前を智蔵が命名し、僕の「ビショップ」案は、またしてもお蔵入りとなった。
「またしても」とは、実家のカイトにもつけようとしたが家族会議で反対されたのだった。

今朝も胸に乗ってきて、朝ごはんをねだっていた。
「うーん、眠いのだ。もうちょっとしたら起きるのだ」とシャールに言った。

のが最後の会話だった。

今晩、昔のA社の友人と飲んでいる最中に智蔵から「シャールが固くなってるー」とパニックの電話が入った。

急ぎ飯田橋からタクシーに乗り、車中で話すこと数回。
病院からも、硬直しているのであれば蘇生は無理であると伝え聞いた。

タクシーの運ちゃんは無言でアクセルを全開にしている。
首都高は渋滞。でも突進。

1時間ほどで自宅到着。シャールは固まったまま。
しばし嗚咽。

吐いた跡もない。ロッパー男爵降臨せず。
ご飯もいっぱい残っている。

彼は、

苦しんだ様子もなく普通にベッドで横たわっている。
もう彼は戻ってこない。

シャール・イダニス・モルラロールアダニモス・3世xx・大山
2005/08/24 永眠

彼の名前は、近くの霊園に刻まれるだろう。

あばよ。ありがとな。

どっと涙が出てくる。

続きを読む

拍手コメントを見る

戦う前に負けてます

国民新党と新党日本の人事異動。
なにやってんだ?

打倒自民の目標は同じ!
だったら、民主に行けば?
だったら、社民に行けば?
だったら、共産に行けば?

阿保ですな、アホ。

岡田代表の「茶番ですね

そのとおりですね。
拍手コメントを見る
ブログ内検索
プロフィール

雷ぶ

Author:雷ぶ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月間アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。