スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手コメントを見る

横文字の読み間違いとインプリンティング

前職の同僚がよく雑誌の AERA のことを AREA と言っていました。
言い間違うたびに「アエラだってば」と正したのですが、効果は非常に薄く何度も「アレア」と繰り返します。
脳に叩き込まれたその情報はどうやったら取り除くことができるのでしょうか。

現職の同僚がよくスーパーのPOROROCAの事をPOPOROCAと言っています。
言い間違うたびに「ポロロッカだってば」と正していますが、効果は非常に薄く何度も「ポポロッカ」と繰り返します。
脳に叩き込まれたその情報を取り除くため、今回はインプリンティングのオーバーライトに挑戦してみました。

股間に手を当て、「ここが、ポロッっと」いうジェスチャーを交え、印象深くしてみたのです。
今後の展開に注目です。個人的にですが。

人は印象深い事柄がリンクすると物覚えが良くなるようですね。
漫画スラムダンクで「アウリープ」と読解し続けていたこの言葉は、義弟のバスケットマン(当時)に「アリウープだよ」と指摘されました。おっととんだ恥をかいちまったと思い、そうかそうかと記憶していたつもりでしたが、このことを久々に思い出して、あれ?どっちだっけ?と。

似たようなもんで僕は高校生になって初めて「雰囲気」を「ふんいき」と知りました。それまでは字面も考えたこともなく、何気に「ふいんき」と言っていました。読み間違え甚だしく、字面を見てはじめて発覚した事で相当印象が強かったんでしょう。

そいえば同じ頃、「黄色、全然良い」というナレーションが入った車か何かのCMが流れていて、友人が日本語として変だと言い張るのです。
確かに、「全然」は「全然~ない」という否定に使われることが多かったし、そうしてきました。
僕は滅多に開かない金田一晴彦先生の国語辞書を開いて、いまどき(当時)は「全然」も肯定的に使うことがあることを知りました。
しかし、友人は頑なに、許せん、許せんと言っているわけです。分厚い辞書を学校に持っていくわけにもいかず、コピーなんて便利なものは世の中に普及していない時代でした。国語の点数が極端に低い僕の言葉なんて説得力の欠片もありません。くだらないことで喧嘩しているわけです。いくつになってもそれは変わりませんね。
ところで、最近TVでよく見かける金田一秀穂先生は晴彦先生のご子息なのですね。秀穂氏の祖父は京助氏という方だそうで、日本語研究を3代に渡ってやっておられるようです。「じっちゃんの名にかけて~」なんてネタで使っていたりするのでしょうか。

なんの話でしたっけ?おぉ、そうだ。
「ポロリ」のジェスチャーは、いわゆる連想記憶術と言えば格好いいかもしれませんが、とにかくそれを真似てみたのです。
元素周期表の「水兵リーベ僕のお船名もあるshipsクラークか」は駄洒落みたいなもんだと思いますが、地方によって方言があるようですね。までも、大体こんなもんでしょうか。
これの続きですが、「スコッチ暴露マン鉄子にどうも亜鉛がゲルマン斡旋ブローカー」となります。

そいえば英単語連想記憶術という本がありましたね。今でもあるのでしょうか。
  • 「傾(かし)いでる大伽藍」 は "Cathedral" と "かしいでる" が似てるから。
  • 「顎に苦痛のアッパーカット」は "Agony" と "あごに" が似ているから。

    超ムリっ!って感じなんですが20年経っても覚えているもんですね。
    しかし、こういった駄洒落よりも、挿絵が面白かった気がするあたり、やはり僕は美術系なのでしょうかと自己分析。

    なんの話でしたっけ?

    おまけ:
    アリウープは、alley oop と書くそうな。皆さん、もう覚えましたね!?
    スポンサーサイト
    拍手コメントを見る

    テーマ : 日記
    ジャンル : 日記

  • 学習する脳

    見た目に重そうな物が予想外に軽い場合、必要以上に持ち上げてしまうことがあります。
    視覚的判断と経験からくる脳の学習の賜物でしょうか。

    次に同じような場面に出くわした時に経験してからさほど時間が経っていない場合、もしかしたら見た目よりも軽いんじゃなかろうかと猜疑心が生まれます。
    見た目通りに重かったりすると、裏切られた気分になります。
    物の立場があったとしたら迷惑な話ですね。

    脳はこのとき何を信じようとするのでしょうか。

    見た目では分からない。コレは怖ろしい事ですね。

    被害が少ない方法を思いつき対象物を横から押したり引いたりするかもしれません。その上で「これは重い!」と判断し、力を込めて持ち上げたら升をひっくり返したような底のない箱だったりしてまたスカって感じ。

    そんじょそこらの思い付きで確認してもわからない。これまた怖いですね。

    そこに物を置いた人なら分かるはずだし、注意書きでも有ればかなり助かる筈です。
    でも注意書きに事実と異なる事が書いてあったとしたら、混乱してしまいますね。人間不信になるかもしれません。

    何を信頼すべきか悩む世の中は嫌ですね。

    問題のマンション住民の方々が可哀想でなりません。

    (まとめ方に無理があるな~) 拍手コメントを見る

    断髪

    土日に髪を切ろうと決めていましたが、体調不良のため来週にするかなと諦めておりました。でもどーにも落ち着かない。切るって決めたんだから切ろうじゃないのよ、おまいさん。
    そんなことで月曜日に会社を早めに上がり、元住吉の cute という美容室へ。7月か8月にストパーをかけてもらったところです。
    で、次来るときはバッサリ切る時だからね~と伝えていた美容師さんはとっくの昔に辞めたらしい。あぁ残念。
    今度の担当は笑顔がかわゆい男の子でしたん。いつも髪を洗ってくれたりしてたスタッフさんなんですけど、出世したんですねぇ。おめでとう。

    「さて、どうしましょう?」
    「ばさっと、切ってください」
    「いいんですか?」
    「いいんです。」
    「どんな感じですか?」
    (適当にページをめくって)「こんなんで。」
    「おぉ、切りますねぇ。全然違っちゃいますよ~」
    「最近体重が増えたので少しでも軽くしたいんですよ」
    「なるほど~」<こらこら、納得しないように。

    というわけで、肩甲骨の真ん中辺りまで伸びていた後ろ髪が短くなり、顎まで伸びていた前髪が短くなりました。

    横だけ残してもらったので、現在落ち武者風です。冗談です。

    帰り際に智蔵に報告メール。

    『どんなん?真山風?』<また渡部だ。。
    『いや、ザンボット3風です』
    『なんだ、ロボかよ。畜生、豆乳プリン喰ってやる!』

    なんでこんな返答に反応するんだろうとニヤけながら徒歩でとぼとぼ帰宅。

    「なんだホントに、真山じゃないんだ~」

    ザンボット3風だったら良かったんでしょうか??

    ※ cute の担当の男の子の腕は良かったです。誤解をまねく表現が多出した事をお詫び申し上げます。
    拍手コメントを見る

    テーマ : 日記
    ジャンル : 日記

    穏やかな怒りから怒涛の怒りへ

    最近ハイビジョンで大化改新を再放送してました。昼間というか午前中に。
    体調を崩している歴史好きの智蔵は午後になってようやく起き頭が痛いと言っていました。

    そういえば大化改新やってたよと伝えると「なんで起こしてくれないの~」と。
    テレビ点けたらもう終わり近かったからと伝えたら仕方ないかという仕草。

    「かまたりぃ」

    と蘇我入鹿のセリフを真似ると態度一変。「何故起こさない!」と。

    というのも蘇我入鹿役は智蔵の大好きな渡部篤郎だったのです。
    しかし「かまたりぃ」の嘘臭い物真似一言で噛みついてくるとは思わなんだ。

    大滝秀治なら自信あるんだがなぁf^_^;
    今BSフジで犬神家の一族やってますが神主役の秀治が画面に出る度に心が躍ります!
    「ヨキ、コト、キク、ふぁ~」

    おやすみなさい。 拍手コメントを見る

    無夢(むむ)

    今更ながらスパイダーマン2を観た。
    噂通り電車のシーンに涙しそうになった。
    さて、監督は前作に同じくサム・ライミ。ホラー映画で名声をつかんだ監督でしたが、スパイダーマンにも当時の俳優がチラホラと。うん懐かしい。

    しかし、なんだな。あれだな。
    昔と変わらず作風が庶民的な気がしています。だからスパイダーマンにはピッタリなのかな。

    ところで風邪を引いてしまいまして調子が戻りかけたら智蔵に例のごとく濃縮された風邪がうつったらしい。
    モーフィは絶好調になりつつあるけど、我が家は誰かが常に調子悪いみたい。

    そんな中智蔵は僕の誕生日を祝ってくれた。有り難いですね。

    さて先日、同じ名前を持つ人々が一同に会しました。これがまた、楽しくて楽しくて。飲み過ぎて記憶がスパッと飛んでしまいました。
    一体どうやって帰ったんだろfrom新宿。財布の中のタクシーレシートは\1700だし、一体どこから乗ったんだろ~。
    で、ケータイのみ紛失。アイタタタ。

    それでも智蔵は怒っていたけど優しかった。

    有り難いですね。 拍手コメントを見る

    問題の建築士って

    イジリー岡田に似てると思う 拍手コメントを見る

    終わりと始まり

    ■終わり
    フェア無事?終了。
    「あなた営業やったことないでしょ!?」
    「えぇ、開発一本です」
    「・・そうですか」
    とは弊社のブースを訪れて下さったお客様から頂いた言葉です。
    いやぁ、営業って大変ですね。製品売りたきゃもっと営業の勉強しておかないと。
    説明もうまく、お客の引き込みもうまいひと。その人をウォッチしていました。「営業するならあーでなくっちゃ」と。

    で、その人と打ち上げ会場で話しを聞いてみたところ、1年くらい前に開発から営業に転身したらしい。えぇぇ、ずーっと営業畑でやってきた方かと思ってましたよ、はぃぃ。

    ■始まり
    モーフィが帰ってきた。v(^^)v
    それなのに飲んだくれてしまった。
    昨晩べろべろ状態で、智蔵から朝食の量やら薬について聞いて「朝はよろしくね」と念を押されていたけれども、力尽きてバタンQ。

    たくさん飲んだ翌日は、なぜかパッと早朝に目が覚めてしまいます。いや、いつも、、ってわけじゃありませんが。
    寝る前に聞いた智蔵先生のレクチャーを思い出しつつ、えーっと、えーっと。ご飯は30g だったけ?違った気がしてきた。
    寝ている智蔵の耳元で、「30gは多いよね」と恐る恐る言ってみる。
    「ちっ、25gつっただろぉ」との返事。朝の不機嫌さは今に始まったことではないが、相変わらず恐ろしい。

    25gのご飯をお湯でふやかし、薬も用意した。
    薬は粉薬のため一旦 1.0 ~ 1.5cc の水で溶き、それをスポイトで飲ませるらしい。
    スポイトじゃ飲まないから口あけて入れてしまいなさいと聞いていたけれども、全然そんなことなく、スポイトの先をペロペロ舐めている。
    うむ、いい子じゃないか、やっぱり。

    さて、早朝のウンチと食後のウンチ。しっかり硬くなっている。
    少しやわらかいところもあるかなぁ?とは思ったけれども、5%程度の量だから、回復途中で完治目前って所なのかもしれないな。
    拍手コメントを見る

    テーマ : (*^_^*)うれしぃ
    ジャンル : 日記

    つっこんだ結果

    20051119025004
    以前の日記で書いたけど、実は「オカシイ」と店に乗り込んでみてといただしたら
    「バランスを考えてそうしたとは店主。
    今日ぴょん氏と同じ店に行った時の写真。「め」
    その目はないだろう!

    いや、こっちがいいから。とは店主。参りました。 拍手コメントを見る

    なんじゃそりゃ

    以前バーのオーナーから悩みを相談された事があった。と言っても、よくある愚痴のオンパレードなのだが。
    別の日にも繰り返される愚痴、愚痴、愚痴。それ先日聞きました、それさっき聞きました、と。
    いつも聞き手に回るのは如何なものかと考え、脂汗をかきつつようやく絞りだした自分の悩みは深層心理的に根の深いものだった…訳がない。それでも、
    「実は最近僕にも悩んでいることがあって…」
    「えー?、悩み~?雷さんが?悩みなんてつまんない話は聞かないよ!」


    ……なんじゃそりゃ

    というわけで、「なんじゃそりや」シリーズです。

    「ぴんぽーん。あのぉ○×新聞ですが」
    「うち、新聞はけっ(ガチャ!)……こうです。」

    …なんじゃそりや。>勧誘員

    「ここの詳細な仕様はどうなりますか?」
    「○◇という【感じ】ですね」

    …なんじゃそりや。>感じ

    「私とモーフィ、どっちかにして!」
    …なんじゃそりや。

    「じゃ、モーフィ」
    …なんじゃそりや。>自分

    「ココのウドンは美味しいデスネ」
    …なんじゃそりや。>インド人のクマールさん

    「チキンビンダルーって辛くて美味しいよねェ」
    「ナンデスカ、ソレ?」
    …なんじゃそりや。>インド人のクマールさん

    インド料理屋でナンを頼んでおきながら、「コレ、ナンデスカ?」
    …なんじゃそりや。>インド人のクマールさん

    「本当はインド人じゃ無いでしょ?」
    「テンプラ大好きデス」
    …なんじゃそりや。>インド人のクマールさん

    「ガールフレンドは?」
    「ゲイフレンドはイマセン」
    …なんじゃそりや。>インド人のクマールさん

    「あ~太ったなぁ」
    「雷さんは(体型が)スポーツマンミタイデスネ」
    「(^0_0^)えー?(腹を指しつつ)相撲とかぁ?」
    「ソーデスね」
    …なんじゃそりや。(-_-#)>インド人のクマールさん

    クマールさん、只今活躍中です。
    ・・・オマケ・・・

    初日「混ぜ終ったら、器を持って一気にかきこむのがこの料理の食べ方だよ」
    韓国料理屋で石焼ビビンバを頼んだときの出来事。

    二日目「シッポをつまんで持ち上げて、頭から一気に飲みほすのがこの料理の食べ方だよ」
    居酒屋ランチメニューでサンマ丸焼きを頼んだときの出来事。

    三日目、そば屋にてテンプラ蕎麦を頼んだときの出来事。
    「この料理の食べ方はねぇ…」
    「もうイイデスヨ。イッタイ雷さんは、ドコ出身デスか?」<パキスタン人のカーンさん

    嘘ばかり教えてごめんなさい。

    カーンさん、これから活躍します。 拍手コメントを見る

    感謝感謝の大感謝

    いやね、僕の担当部分って、UI 部分を使いやすくして、そいつをコンポーネント化して、後は使う人が煮るなり焼くなり好きに改造してちょーだい。

    のつもりだったんだけれども、やっぱりベンチャーだから当初の予定よりも人増えないし、「担当」なんて事を言ってられなくなったここ最近。

    お元気ですか?>自分

    さて、というわけで、DBアクセスの部分も見なければならない様になってしまい、意外にも、C# で DB アクセスするのは初めてだったり。で、頂いたサンプルデータが正規化されていないなど、うきーっ!状態だったんですね、ここのところ。

    サンプルデータ作っている人は、僕よりももっともっと忙しい人なので正規化くらいは仕方なく自分で行うしかないのですけれども、いやぁ、そのデータを読み込むエンジン部分をまとめたコントロールを同僚のぴょん氏が作ってくれていたのです。いや、当然ぴょん氏のところで必要だったから先行して作っていたのだろうけれどもさ。

    でもね、正規化作業が長引いてうなだれていたため、そいつの良さに全然気がつかなかったんですよ。

    で、使い方を調べていたら、おぉ!こりゃ便利ジャン!!
    おサルな僕でも使えるウッキー!!

    ・・・今夜も街の巨匠に感謝・・・ 拍手コメントを見る
    ブログ内検索
    プロフィール

    雷ぶ

    Author:雷ぶ

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月間アーカイブ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSフィード
    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。