スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手コメントを見る

年末の行事

例によって、年賀状のネタ作りに着手したのは大晦日イブでした。

もう、写真合成しまくりで超手の込んだ作品だった…ハズだったけど。

出来上がった作品は普通のスナップショットになってしまいました。

受け取ったかたは何がなんだかわからんでしょう。
いや、裏を返すと最近のグラビアとか、ホントに海外ロケしとるんけ?と疑ってしまいます。冗談です。

あ、今年の一字。「気」にします。

気合いだ!気合いだ!気合いだ!
ワッハッハ、ワッハッハ、ワッハッハ。

智蔵、来年もよろしくね~!
スポンサーサイト
拍手コメントを見る

清涼剤

ネタとしては古いが、しかし。
何度見ても笑える。
DVD紹介
疲れたときなど、ついつい読んでしまいます。 拍手コメントを見る

的確

クリスマスの今日、ある人がある人と電話でやり取りをしていた。
しばらくするまでもなく、その会話は最初からヒートアップしていた。

言った、言わない

の堂々巡りをしているのだ。
電話している2人も悟ったのか、きりが無いので、これ以上議論しても無駄ですから、と言った舌の根も乾かぬうちに、「でも聞いていませんから」と追加したりする。

僕はふと思いました。
手帳高橋
を贈ると喜ばれるのではないかと。
(´ー`)

メリークリスマス 拍手コメントを見る

5年ぶりのプレゼント

姪と甥に5年ぶりくらいに会った。
10歳と9歳。やっぱり大きくなってた。
女手一人で育てようとする姉。我が家の女系はどうしてこうなの?と思いたくなるほど、長女も次女も母親と同じ道を歩んでいる。

事の次第はこうだ。
姉の引越し先が決まったらしく、久方ぶりに連絡が来た。
今時は小学校でもパソコン教室があるらしく、姉の家でも費用を捻出しパソコンを購入したらしい。
9歳の甥が漢字変換をつかいながらもちゃんとした文面でメールを送ってくることに感嘆しながら、「そういえば何か欲しいものあるか?クリスマスプレゼントとして何か贈るよ」という、姉一家との間に出来た溝をお金で解決しようとするオトナ臭を発しながら返信してみた。

姪:「トランペットがいい。中古で構わないから安いやつでいいよ」
甥:「エレキギターも好いけど、考え中」←後で姉に「ゲームソフトにしなさい」となだめられたらしく、「超操縦MG」というDSのゲームになった。

と、とらんぺっと??
金管楽器のみならず、楽器といえばギターしかしらない僕(弾けないけど)には、全然想像がつかないお買い物である。

なんだかんだと、ネットで情報を拾い集め、ヤマハのなんちゃらーが入門用で向いているとの事なので、ペットの先につけるミュートやら楽譜用スタンドやら、色々ついたセット販売の場所をみつけて注文。

自宅に届いたダンボールを開けることなく、無味乾燥なダンボールで渡すよりも、クリスマスっぽくラッピングしようという智蔵の意見を取り入れて、ダンボールにちょこちょことデコレーションして持って行ったのだ。

プレゼントを受け取ってくれた二人は、特段はしゃぐことなく、遠慮がちに包み(と色づいたダンボール)を見ていて、とりあえず連れて行った犬(モーフィー)の紹介などして挨拶が一通り済んだ。

で、いよいよ開梱タイムである。
箱の中からピカピカのトランペットを見つけた姪の眼は、トランペットよりキラキラしてた。。。気がする。
早速、構えて~息を吹き込み。。。「ふー、、、しゅー、、あれ?」と音が出せずに恥ずかしそう。

なぜか台所の方に隠れてしまい、そっちから「ふー、、しゅー、、、ふー」という息遣いが聞こえてくる。微笑ましいなぁと思っていたら、おならの様な音が聞こえて「でたー、でたー!!」と。

『便秘かっ!』と突っ込みたくなる衝動をおさえ、堂々の第1位。
#ってなんか違う話になってしまうじゃないか。

とにかく以前の学校でやっていた「コルネット」というトランペットの小型版のコツを思い出したらしく、うれしそうに「ぷっぷ。ぷっぷ」音を出している。

一杯練習して、来年はコンサート開いてあげるね!!と一方的に約束された。

甥のほうは、遠慮していたのか、僕がお邪魔している間はプレゼントを開梱することなく、モーフィーとじゃれたり、お姉ちゃんのトランペットを興味深げに触ったりと。
#帰ったら早速遊んでいたらしい。

姉一家を元気付けてやろうと思って行ったのに、こっちが癒されちゃったよ、まったく。。

駄目な叔父さんだ。 拍手コメントを見る

いわゆるジャミラ

風呂に入ろうかと思って服を脱ぎつつ、ふと悪戯心が。

トレーナーの首まわりを頭に掛けて、いわゆる「ジャミラ」風にしてモーフィーに近づいたところ非常に警戒されてしまい、滅多に吠えないのに「う~、うぉん、うぉん!!」と逃げていくんです。

ならば、ちょんまげヅラはどうか!!

と思ったけれど、恐がらせて喜ぶなんて。昨今話題になっているいじめと同じじゃないですか。
->「苛めているつもりはありませんでした」<あほうっ!
DV(デジタル・ビデオじゃないよ)とも受け取れるじゃないですか。
->「素敵な思い出です」<あほうっ!

モーフィー、からかってごめんさい。 拍手コメントを見る

joyful

20061209012652
智蔵の膝の上でウトウトしてるモーフィー。

笑ってるみたい(´∀`)
拍手コメントを見る

ちいさくまえならえ

中学3年まで背が低かったんです。

中学2年の時は前から背の順で並んで前から2番目でした。
たしか、140cmくらいだったかと。

僕より背の低かった子は、不登校というか引き篭もりの子だったので、先頭はいつも僕でした。
小さかろうが大きかろうが、「前習え」はできずに「先頭の人は横習え~」担当でした。
あぁ、早く後ろのほうに行きたい!と思ったものです。
つっか、引き篭もり君!学校来いよ!と思ったものです。

さて、アジア大会のU21日本代表。北朝鮮に負けてしまいました。
FK2発に沈みましたが、、、おい!こらっ!というシーンでした。

2発とも、FW平山の頭上を越えていったゴールだったのですが、
平山(191cm)。。。跳んでないしっ!
背高ノッポの効果なし!意味なし!

やる気があるのかないのか分からんヤツです。フロンターレ戦でゴール決めなくていいから、国際試合で決めて欲しいよ。

話を元にもどすと、
中学卒業時に160cmを超えるか超えないかくらいでした。平山はさらに30cm高いんですね。すごいですね。

高校1年の夏休みが終わったとき、174cm になってました。
3~4ヶ月で15cm近く伸びたことになります。
普段見ることの無かった冷蔵庫の天板が見えるようになったり、ドアに頭ぶつける事があったり、夏休み明けの学生服のズボンが7分丈になっていたり、と驚きの連続でした。

それから、じわりじわりと30代まで伸び続け、178cmまでなったことはありますが、先日計ったら、176.5cm と縮んでおりました。

気がついたら40代突入です。

人生の半分は徹夜している気がします。 拍手コメントを見る
ブログ内検索
プロフィール

雷ぶ

Author:雷ぶ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月間アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。