スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手コメントを見る

理にかなわない料

20070126195720
ヒドい誤字ですね~。

会社にベンダーマシンを置いていった営業さんが親切にメモ残してくれたようなのですが…
スポンサーサイト
拍手コメントを見る

飲みたくなくなる技

20070123202609
昼飯で出された水差しに書いてあった。

ヒドい店だ…
拍手コメントを見る

ややブラック

ふつつかもの
※1/3に撮影@元住吉

偶然、ペコちゃんの足元に捨てられた吸殻があり、不良っぽさを醸し出す小道具として現状の雰囲気作りに貢献していますね。
また、ペコちゃん。通りに背中を向けています。予兆だったのでしょうか?
拍手コメントを見る

むし

思えばたくさんのムシを飼ってきました。
  • 連徹もなんのそのの、仕事のムシ。
  • 梯子もなんのそのの、飲酒のムシ。
  • 鎖煙もなんのそのの、喫煙のムシ。
  • そして、生成物に埋め込んだ、コードのムシ。

昨年末、自宅勤務を許可してもらい、外出することが極端に減った事もあり、飲酒の虫は沈静化したようです。ながい潜伏期間に入っただけかもしれませんが。

煙草もいい加減やめないとなぁと思ってます。朝起きると右側の肺に痛みが走る事があります。でもレントゲンには何もないし、痰がでることもない。肺がんじゃないだろうと勝手に思ってますけど。

今年は少しずつでも、地道にムシを駆除して行こうと思います。

一緒にコツコツやっていきましょう!

・・・って、ムシしないでくださいよぉ。 拍手コメントを見る

おかみさーん、痴漢ですよぉ

昨晩、日吉駅に到着したら駅のプラットフォームで男女が取っ組み合っている場面に遭遇。
オヤジと若い女の子だった。

咄嗟に割って入ったら、「痴漢された!」と女の子。
え?とおもって男のほうに向き直って非難の目を向けたら「む、娘なんです!」と男。
え?とおもって女のほうに向き直って困惑の目を向けたら「し、しらない人です!」と女。

わけわからん。

男は「ツレが上(改札口)に居るから・・・」と言っている。
男と泣きじゃくる女の間に入って、2人の距離を牽制しながら、とりあえず改札口に向かうように促した。

改札口に向かって闊歩する男。
前後をキョロキョロしながら歩く僕。
素直についてくる泣いている女。

『・・・・体型は、、、そっくりだけど・・・・』

改札口には迷惑そうな顔をした色白のホッソリとした女性が居た。

親子なんですか?と女性に聞いてみると、弱々しく頷いている。
男は、「か、家内です」と紹介する。

『いや、知りたくも無いんですが』

若い女に顔を向けると、「おかあさん」と目を真っ赤にしながら言っている。
「でも、この人は違う」と男を指差す。
男が文句を返そうと口をあけたときに、「父親が娘のシリをさわるか!!」と悲鳴に近い大声を上げる。

夫婦(だろう)は僕に向かって「娘は精神的におかしいのです。だから・・・」と説明してきた。

いや、それはなんとなく理解しつつも、公衆の面前で言うことか!?と疑問を持ちながら「・・・それは、おいておいて、暴力とかは、、、。もう大丈夫ですよね?」と男が落ち着きを取り戻したようなので、母親らしき人に後のことはよろしくとその場を去りました。

でも、男の怒りの声が離れた場所から聞こえてきて、、あれじゃ、治るものも治らないかも、と悲しくなった。

-----
しかし、このやり取りの間、誰も近寄らなかった。みな遠巻きに野次馬をしている人だらけだった。
確かに、下手すると、刺されていたかもしれないような事件が相次いで報道されている昨今ですから、分からないでもないですが、なんだか悲しくなった。
とかいいつつ、結局中途半端にその場を去った自分にも反省点はある。

昔から自分のことは棚に上げる性格なのだが、棚に上げないと云いたい意見が出ないこともあるので、ま、そりゃいいかな?とも思う。

-----
先日の1月3日に元住吉の神社近くで老婆がよろよろしていました。
若い男性が老婆に駆け寄り、体を支えた。もう一人女性がどこかからか丸椅子を持ってきた。僕らも駆け寄り、寒いだろうからと智蔵がしていたマフラーを老婆の首元にかけた。
モーフィーはワケも分からずぐるぐーると回って、ときどき唸っている。
若い男性は、「近くに車を停めているから、取ってきます!」とその場から離れ、その場に残った我々で老婆に話しかけたりした。

神社への初詣を済ませて、これから帰ろうとしたところで目眩がしたらしい。家族へ電話などした方がいいのではないかと聞いてみると、一人暮らしだそうな。

これが日本の現実かぁと悲しくなった。

若い男性が車で戻ってきた。「家が近いらしいので、このまま乗っけていきます。」とキビキビ行動している。

こんな人で世の中一杯なら、幸せなんだろうなぁと思った。 拍手コメントを見る

みちのり

市ヶ谷駅から歩いておよそ15分のところに今のオフィスはあります。
九段下からなら7分くらいでしょうか。

昨年、健保から万歩計を頂戴し、それをつけて通勤しているわけですが、自宅からオフィスまで大体4000歩くらいです。
九段下経由にすると、その半分くらいなんですよね。

健康のためには市ヶ谷経由で!とも思うのですが、それ経由だと電車の中では座りっぱなしなんですよね。
九段下経由だとまず座れないのですが、通勤時間だけをみると10分程度短縮できたりします。

どっちが健康にいいんだか分かりませんが、万歩計は『市ヶ谷経由』を推薦している様子です。体感ですが疲労度は九段下経由の方が大きいと思います。

デスクワークの人なので、立ちっぱなしという行為が疲労を蓄積してしまうんでしょう。

なお、会社においてあるバランスボールは健在で、先日社長が「全部の席をこれにするかぁ」とおっしゃっておりました。

いいんじゃないでしょうかね。腰疲れますけど。

昨年年末に2名の仲間が巣立ちました。

彼らが置いていったモノは、膨大な量の引継ぎ物件でした。
これからは、ぴょん氏と手分けしながら消化していく必要があります。

長いみちのりです。 拍手コメントを見る

横山光輝展

最終日に行ってきました、横山光輝展。
写真撮影は当然禁止のため、脳裏に焼き付けるしかありません。

お目当ては「バビル二世」と「三国志」でしたが、「鉄人28号」やら「ジャイアントロボ」の等身大フィギュアを設置したコーナーに出迎えられる形となり、ブリキのオモチャなどに魅了されてしまいました。

鉄人28号は最近実写版がリメイクされていたそうな。さわりをみてきましたが、よっ、弱そう…

隣の建物では成人式の式典をやっており、まぁ騒がしいこと。

バビル二世のコーナーはマンガとアニメが半々くらい。久々に会ったポセイドンってこんなに格好悪かったっけ?などと思いつつ、ついつい主題歌をブツブツと口ずさんでいた自分に気が付き照れ笑い。まぁ、コンピューターに守られている境遇だけは一緒だからいいのだ。

三国志は全60巻。読んだのは30巻くらいまでだったと。まだ半分しか制覇していないことがわかった。ただもう最後に読んでから20年以上経っているので、読むなら本腰入れて最初からになるでしょう。

ところで、「魔法使いサリー」だけでなく「コメットさん」なども原作していたらしく、作者の懐の深さに驚きました。

尚、横山光輝氏は相当なヘビースモーカーだったらしく、仕事机の横には寸胴の灰皿タワーが設置されておりました。

次回の展示はドラえもんらしく、また行かなきゃと思ってしまいました。 拍手コメントを見る

盗み聞き

若者同士の会話
「淳、髪長くね?昔のフォークソンガーみたいだよな?」
「だな!」

……………

母娘の会話
「あたしもうちょっと美人に生まれたかったョ」
「『ちょっと』でいいんだ?」

……………

あけましておめでとうございます。 拍手コメントを見る
ブログ内検索
プロフィール

雷ぶ

Author:雷ぶ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月間アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。