スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手コメントを見る

迷子の迷子のカルガモちゃん

GW突入!!
・・・したけれども、僕はカレンダー通り、律儀に働く予定です。

さて、昨日の日曜日、とんだハプニングがあり、カルガモのヒナを保護しました。


モーフィーを病院に連れて行き、フィラリアの検査した後、近所のせせらぎ遊歩道に散歩に出かけました。
人工的に造成されたせせらぎに、今年生まれたカルガモのヒナたちが寄り添って日向ぼっこしていたり、微笑ましい風景を堪能して家路につきました。

帰宅後、モーフィーを留守番させて、2人で買い物に出かけるため駐車場に向かったら、マンション敷地内の階段にちょこちょこ動くものが目に入りました。

なんだ?と思って近寄ってみたら、カルガモのヒナでした。

なんでこんなところに?と頭の上には「?」がいっぱい。
うまく説明できませんが、うちのマンションの構造からして、通常ありえない場所にそのカルガモは居たのです。

とりあえず保護したものの、どうすりゃいいのかサッパリわかりません。近所と言っても、前述のせせらぎ公園は自宅から2kmくらい離れているから、そこで放すわけにもいかんだろうし、そもそも、さきほど見かけたカルガモ達と比べると、保護したカルガモは明らかに体の大きさが違う。掌にすっぽり入る小ささです。その事から別の場所で生まれたのだろうと、容易に推測がつきました。

それとも、マンションの住民の誰かが飼っているのか?カルガモを?まさかぁ。。。

放っておくわけにもいかず、とりあえず川崎市がやっている動物愛護センターに向かってみましたが、あいにくの日曜日。当直の人もおらず、もぬけの殻。

いつもモーフィーがお世話になっているモトスミの「ホイス?」というペットショップに電話して、お兄さんに事情説明したら、「鳥を扱っているところなら、詳しいかも」との事で、モトスミの別のペットショップに行き先変更。

店のおじちゃんに事情を説明したら「トリ込む」って事だから飼ってあげると幸せになるかもよ~と呑気な事を云われたりもしたけれど、とりあえず預かるとしても今日1日。明日は愛護センターに連れて行くつもりだから、何かエサになるものをください、と。

で、カルガモのヒナって何食べるかわかんないから、ウズラの餌をふやかして与えてみるとか、1羽だと体温確保が難しいから暖かくしてあげないとだめだとか、アドバイスを頂き、ウズラの餌(250円)を購入後、一旦自宅に戻る事にしました。

帰宅後、小さめの段ボールを用意して、空気穴をあけ、新聞紙を切り刻んで床に敷きつめ、そこに放してあげました。
急いで、ウズラの餌をふやかして、小皿に盛りつけて段ボールの中に入れたのですが、ピピピピピピ・・・・と鳴きながら、どうにかして外にどび出そうとピョンピョン跳ねるのです。

一切食べる気配なし。

暗くしてみたものの、ピピピピと断続的に鳴くものだから、モーフィーがビビってバフバフ言い始めるし、このままだと体力がなくなって、朝まで持たないかも、と。

こうなったら、モーフィーがお世話になっている近所じゃない動物病院に電話してみたら、しばらくお待ちくださいと言われた後で「じゃ、うちで引き取りますので、連れてきてください」と。

助かった。その病院は魚も鳥も猫も犬も、ありとあらゆる動物が対象だから、間違いなく大丈夫だろう!・・・・でも、ちょっと遠い。

そんな事も言っていられないので、ご好意に甘えて引き渡してきました。
ちょっと困った顔されていましたが、「うち(病院)で育てますから」と。

ほんのちょっとの間だったけれど、智蔵が「ぴーちゃん」とセンスのない名前を付けていたカルガモは我が家から巣立って行きました。

ムービーは別れ際にケータイで撮った「ぴーちゃん」です。体長6~7センチくらいの可愛いカルガモでした。

続きを読む

スポンサーサイト
拍手コメントを見る

ほらきた!周平ちゃん!

日本代表(候補トレーニング)にフロンターレの寺田周平選手が選ばれました!

昨シーズン中は、仲間とよく「なんで(代表に)呼ばれないんだろうねぇ?オシムが好きそうな選手なのに」と話していたのですが、岡田監督体制が改革時期を迎えて、ようやく代表デビューです。

いつのまにか30歳超えちゃってますけど、複数ポジションこなせるイケメンさん。まだまだ大丈夫ですよ。

めでたい、めでたい。

それと、ようやくジュニーニョが公式戦で得点とりましたよ。沈黙続けてましたが、糸口が見えたのか復活劇はいきなりハットトリック!

おかえりなさいませ。 拍手コメントを見る

わらしべ断ち

20080416103114
20080416103113
今朝、駅の売店でガムを買ったら、試供品として新作イチゴ味のSOYJOYを貰いました。

うん、コレは誰かに渡すと、何か違うものに生まれ変わるかも~と思いつつ、一緒に貰った小冊子に目を通していたら「開けると、ふんわり広がるストロベリーの香り。」が目に止まり、次の乗換駅のホームで口に含んでおりした。

んまい。
いい香り。

いきなり、わらしべ断ちになってしまいましたが、ダルダルだった体がなんとなく、イソフラボ~ン。

今日も頑張ります。 拍手コメントを見る

見返り美男

見返り美男

先日、近所の桜を観に行った時の1ショット。
見返り系はペット撮影の王道かな?

よくみると、不安そうな顔してますな。 拍手コメントを見る

コレはしてやられた。

超速で読めた「藁の盾」。
ろくでもない人間の屑を守る羽目になった警察の物語。

サクサク進んで結構面白がった。

で、同時に買っていた「閉鎖病棟」を次に読んでみた。「藁の盾」と比べて字が小さく、最初は目がショボショボになったけど、読み進むうちにその世界に入り込み、クライマックスは人目もはばからずに電車の中で泣いた。

優しく温かな視点で閉鎖病棟を描かれた本書の著者は、本業が精神科医だそうな。

映画にもなっているらしいので、いつか観てみたい。

(多分)純文学も良いもんだ。 拍手コメントを見る
ブログ内検索
プロフィール

雷ぶ

Author:雷ぶ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月間アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。