スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手コメントを見る

iPadに足りないもの(想像)

iPad フィーバーに老若男女が多事総論。

「これが当たり前になると、若者の創造性が心配」というアナリストがいました。

わからないでもないけど、これまでの技術革新(やルネッサンス)により、世界観は広がってきたのでは?と思うと、新しいものに違和感や危機感を抱くという傾向は第一線で活躍する場を失った職人の断末魔の叫びっぽい気がしています。

この fc2 ブログも twitter との連携を始めたとのこと。
ブログの更新を自動で twitter につぶやく機能と、twitter つぶやきを1日分まとめてブログにアップロードしてくれるとか。

前者はどうでもいいのだけれども、後者は面白そうなので早速設定してみました。
・・・といっても、1ツィート/週の頻度なのでありがたみが微妙。

さて、iPad って電子書籍!?ってな報道が先行してるみたいで。
昔の Sharp Zaurus や Palm Pilot が「電子手帳」とカテゴライズされたみたいな違和感。

「これからはペーパーレスの時代です!」と誰かが宣言してみたけど、パルプ消費量が増加したんでしたっけ?
そりゃ、個人消費量が増えたためですね、きっと。

で、電子書籍デバイスとしてみた iPad。間違いなく印刷や製本を行っている業種の方々にとっては脅威でしょう。
これが当たり前になると、個人宅でも不要になった雑誌の束を紐でくくって資源ごみとして出す手間が減るというメリットはありますけど。

ですが、やっぱりメディアの媒体として紙はなくなることはないでしょう。

誰かが言っていたので被るんですけど、さも自分の意見として言うと、読書をしていて残り何ページくらいと体感できるのは、紙だと当たり前なんですよね。
映画みていると「え?これで終わり!?」という事がしばしばありますが、紙の本だと終わるタイミングってものが大体想像がつく。

面白い内容の本だと、残り少なくなってきて悲しくなったりしますし。

Zaurus や Palm もしくは、Windows CE(Mobile) プラットフォームで開発した経験があるので、昔からモバイルデバイスには明るいほうでした。
どのデバイスでも「電子書籍」いわゆる青空文庫などを利用してみましたが、どうしても満足感が得られなかったのが、この「残りのページ」感覚だったんですね。

いうわけで、どうすりゃ iPad などで、この「残ページ」を表現できるのか考えてみました。
ジャイロデバイスを仕込んでいるから筺体を傾けると画面がローテーションするなどのギミックがあるんですが、これにグラビティ性を追加しちゃいかがかと。

ページをめくる、たとえば英文のような横書き文書の場合、右から左に指をスライドさせる度に、筺体の重心を微妙に右から左に移動させるんです。
全てのページをめくりきった場合、筺体の重心が左端にきていて、なんとなく「読んだなぁ!!」って気にさせちゃうワケ。

ただねぇ。読書途中で別のアプリを立ち上げると重心がニュートラル位置に戻るだろうから、バランス崩して本体落っことしちゃいそうですけど。

そうならないための、iPad 用ネックストラップ!!!

いらねー。
スポンサーサイト
拍手コメントを見る

ナノコモとは

地域限定の言葉ってのがあります。大きく見ると「方言」といえるかもしれません。
その規模を縮小していってみると、ある集団や団体でのみ通用する言葉、いわゆる「業界用語」みたいなものなります。

更に身近に考えると、家族内限定で通用する言葉。
そういう特殊な用語というのが、どの家庭でもあるんじゃないか?と、ふと思い立ち、こんなエントリーをたててみました。

======

我が家では昔から特殊な造語が横行していました。
駄洒落好きな兄がコトバアソビをよくしていたからだと思います。

ひとつ紹介します。

「ナノコモ」

これなんだと思います?
最初は「コモノナ」と言っていた気がするのですが、そのうち「ナノコモ」とアナグラミング。

答えは「」です。

響きが可愛くて未だに使用頻度が高い造語です。
先日の愛犬モーフィーが患った肛門嚢破裂が起こった際、相方が放った一言。

「モーフィーのナノコモが変だよ!!??」

こういうのは浸透するのに時間がかかりません。 拍手コメントを見る

意外にチョロくないのよ

民主党の三宅議員の松葉杖姿の映像を見ると疑問に思う方もいらっしゃるでしょうね。

ですが、松葉杖の扱いってそうそう簡単なもんじゃないってのを身をもって知っているので、議場でこけそうになった姿とか「あーわかる、わかる!」って思いました。

特に歳をとってからだと、体重が増えている上に筋力が落ちているわけで、長年当たり前だとおもっていた部分が使えないとなると、あちこちのバランスが崩れるんですよ。

歩道のちょっとした左右の傾斜とかが普段の何十倍もの傾斜に感じられます。そんなギャップを吸収する健康状態の脚のメカニズムって凄いんだなぁなんて思いましたもんね。

まぁ、センスもありましょうが、1週間もすれば松葉杖で走れるようになったりするんですけど、そうなるまでに慣れるのと、その動機付けが大変。
安静にしていれば済むような状況ならまだしも、しがないサラリーマンは通勤電車のラッシュにもまれながら生活費を稼がないといけないワケで、いやおう無く世間から鍛えられちゃいますけど。

ちなみに、健康な状態で松葉杖を使ってみるとチョロいと思うのは勘違いですのでご注意ください。
「いざ!」って時に健康な脚で支えれば済むという安心感が潜在的に存在するので参考にはならんのですよ。 拍手コメントを見る

鉢紫陽花4年目


昨年は咲きませんでしたが、今年は紫陽花が咲きそうな雰囲気です。

連休中に撒いたサルビアも発芽した!と思ったら紛れ込んだアサガオでした。今年はアサガオを育てる予定はないので、可哀想だけどポイッとな。
またルッコラらしきモノも発芽していたので、そいつも抜いちゃいました。

姉から分けてもらった四つ葉のクローバー(球根)は全く発芽の気配なし。
もうちょっと様子見かな~。
拍手コメントを見る

ここで地井武男投入します。

テレビから
「ここで地井武男投入」
という音声が聞こえた気がして、映像をみたら…

椎茸でした。

「ここで椎茸を投入」の聞き間違い。

ニヤけてしまいました。 拍手コメントを見る

「回せません」と昨日の日記の続き。

量販店で見かけて衝動買いしてしまったフラフープ。
組み立て式でなので商品としてはコンパクト。

帰宅後、炎天下のなかバルコニーで組み立てて、早速!!

って、回らない!!回せない!!

Wii Fit だったら高得点間違いなしの腰さばきが全く持って役立たず。ここでもかっ!!??
どうやら回し方の基本が違っているらしく、ケータイで動画をみながら研究。

その後、10回転くらいなら回せるようになったけど持続しません。フラフープって難しいんですね。

「まわり」といえば。

おととい、モーフィーが肛門周りを気にする仕草をしたのに気が付き、尻尾を持ち上げて確認してみたら肛門のやや左下から膿みたいなものが出ていました。

なんじゃこりゃ?と思ってティシューで拭いてみたら血が混じっていました。臭いは特にない。
あいにくの時間だったので、翌日朝一で病院に連れて行ったのですが、左肛門嚢の破裂という診断が。数日前にトリミングだしたばっかりだったのだけれども肛門腺の処理をやっていただいたかどうか未確認でした。

トリミングで肛門腺の処理をやってもらったばかりなら数日で膿がたまるはずはないですから、とはお医者様の言葉。
傷口の消毒と抗生剤を頂いて数日様子見することになりました。

消毒中、これまで見たことないくらいにモーフィーが暴れてしまい、驚いた僕はオロオロしまくり。
こんなときこそ、飼い主はどっしり構えないといけないとか。犬に不安を与えちゃいけないらしいです。

帰宅後、トリマーさんに電話して肛門腺のことを尋ねたら、間違いなく処理済みで、いつもと変わらない程度の量だったと。

ということで原因は不明になってしまいましたが、飼い主として普段から注意していれば大事には至らなかったはずなので、ちと凹んでしまいました。

今現在は、抗生物質のおかげなのか落ち着いてきてますが、ウンチを気張るとまだ痛みがあるらしく遠慮がちな量しか出してくれません。

明日朝一で経過を見てもらう予定です。飼い主にして相当鈍感なのか、痛くても悲鳴を上げないワンコなのですが、先日の治療悲鳴騒ぎがあったことから明日は病院に近づくだけで暴れる気がしてなりません。 拍手コメントを見る

ううう…


この笑顔の後、しばらくしてから大変な事に気が付いてしまいます。

ごめんよ、モーフィー。(T_T)
拍手コメントを見る

ゴスロリ?



見たことない虫がバルコニーに飛来しました。

大きさは2センチくらい。
白黒シマシマは羽ではなく体でして、上に向かって反っています。真ん中に黒い羽があって口の辺りは針みたいになっているから蝶のように花の蜜を吸うタイプだろうなと思ってました。

が、

調べてみるとヨコヅナサシガメという種らしく、刺すカメムシでサシガメという事みたいで、肉食昆虫で時には人も刺してしまうこともあり、伝染病のキャリアでもあるとのこと。

おー、こゎっ!

しかしこのカラーリング。

赤と白と黒。


ゴスロリ…ですか?
拍手コメントを見る

チヂミつくってみたけど

ニラが一束あったので、チヂミつくってみました。
当初はニラ玉にでもしようと思って買っていたものなんですが、「明日でいいや」を繰り返していたら、いい加減やばいかな?と思いまして、しっかり火が通るかもしれないチヂミに決定しました。

レシピは次のものを参考にしています。
チーズ好きさんへ*ニラチーズチヂミ*


具材も家にある食材で済みましたし、もちっとしているけど、チーズの部分がカリッとしてたりして、口当たりはヨシ。

ただ、タレに問題が。

コチュジャンもある。ポン酢もある。
えーと、ラー油、ラー油。
滅多に使わないからラー油なんて無いだろうと思っていたけど、あったありました。
どれどれ古そうだけど、、賞味期限は・・・ぢゅ、10年前でつか。。
えーい、男の料理だ使ってしまえー!!

混ぜ合わせたタレからは、なんともいえない古臭い油のにほひが。
えーい、男の料理だ食ってしまえー!!

辛さも飛んでいるようで、ギトギトになっただけっぽい。まぁ、コチュジャンのおかげで何とか体裁を保っていたけど。
相方にはポン酢だけで食べてもらいました。

タレ味で、全てが決まる、チヂミかな 拍手コメントを見る

アート


地元でこんなカフェだすところがあるなんて知りませんでした。

今日も快晴。

犬はトリミングで夏仕様。
拍手コメントを見る
ブログ内検索
プロフィール

雷ぶ

Author:雷ぶ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月間アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。