スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手コメントを見る

歩くな!エスカレーター

エスカレーター近くに貼ってある小汚い張り紙。
ふとそいつを凝視すると、そこにはエスカレーターの乗り方がイラストとともに記載されていました。

で、

「え?エスカレーターって歩いちゃいけないの!?」

と。

首都圏の人というか、その括りは正しいのかどうか分かりませんが、とにかくこちらの方々は、高速道路の真似たかの様に、追い抜き車線を右側につくって「歩く人は右側どうぞ~」的な社会ルールがあります。

でもこれ勝手に作られたルールのようで、あたかもそれがマナーであるかの如く、右側で止まっている人をみると、皆不愉快な顔をしている方々はいらっしゃると思うんです。

えぇ、僕もそうでした。右側で止まるなよ!と言いたくなる事沢山ありました。

さて、何で歩いちゃいけないか?、ですが、答えは簡単。危険だからだそうな。

なにアホなこと言うてんねん!

とか言いながらその翌日、通勤途中のエスカレーター(上り)でコケてしまい、右腕の一部擦りむいてしまいました。

なるほど、あの注意書きに目がいったのは運命だったのかもしれません。 拍手コメントを見る

コメント

たしか

たしか、JR は歩く人のために右側を開けてくださいと書いてあるけど、地下鉄は歩くと危険ですと書いてあるんだったと思います。

あるかないほうがいいです

僕のエスカレータの右側追越は危険だし、よろしくないと思っています。

娘とエスカレータに乗るとき、危ないから手をつないで乗ります。でも右側を空けるために、たて並びの不自然な体制になってかえって危険です。

ベビーカーは幅が広かったり、子供が手を出したりします。横をすり抜けられると危険です。

おじいちゃんやおばあちゃんを介護しながら乗るときは空けることはできません。

急いでいるなら、階段で行きなさい。本当にす思います。

同窓会?

旧友の方々からのコメントですね。
なんか同窓会っぽい。

近頃、あちこちでエレベータ設置が進んでますね。
だけれども、同一時間の大量輸送が可能だし、、故障しても本来の階段の役目を果たすエスカレーターの方が優れている気がしないでもないです。

そう、本来は階段だったんです。少なくとも僕にとってのエスカレーターとはそういう印象なんです。キケンとか言われても階段が危険なのと変わりないはず。そこを階段とは思わずに止まっている人が居るから危険度が増すのかもしれません。

「急いでいるなら階段で。」

お気持ちはわかりますが、エスカレーターを併用した方が若干速いので、説法としては弱くないですかね。
一方通行のエスカレーターしかなく、その横に階段があった場合、逆方向の人は階段を使うけれども、順方向の人はエスカレーターを使うというパターンが多いと思います。
このような環境下、通勤ラッシュ時にエスカレーターを使わずに階段で人ごみに突進してくる輩をみると、そっちのほうが危ないと思うこともあります。

で、

「急いでいるんなら早く出掛けなさい。」

ではないでしょうか。
非公開コメント
ブログ内検索
プロフィール

雷ぶ

Author:雷ぶ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月間アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。