スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手コメントを見る

自己治癒で直る脳梗塞

いわずもがな、イビチャ・オシム監督。
今日、倒れられたと知って、呆然としてしまった。

その直後、先日個人タクシーに乗ったときに運転手さんが見ていたNHKでやっていた脳梗塞からの再生なる番組をやっていたことを思い出した。

疲れていたのでカーテレビの音声は右から左へ受け流していたのだけれども、運転しながら運転手さんが「おぉ、こりゃすごいな。お客さん、聞きましたか?」と興奮しているので揺られる車の中、暫しTVをみていたのです。
(つーか、運ちゃん。ちゃんと前見て運転してくれよ~)

こちら → http://www.nhk.or.jp/special/onair/071105.html

監督。僕はあなたの目指すサッカーが昔(といっても千葉時代)から好きでした。エレガントなサッカーってこれやったん??と初めて流れるパスと人とボールに美を感じました。

早く良くなってください。 拍手コメントを見る

コメント

オシム流悲観主義論

昨年のドイツワールドカップ後だったと思います、オシムが「失望するには、まず楽観する必要がある。一体、今回のワールドカップのどこに、楽観する要素があったのか。」といった記事を新聞で見かけたことがあります。

オシムの悲観主義に基づくインタビューには納得させられるものがありました。
でも、今回だけは、楽観主義に基づいて、回復を祈りたいです....
非公開コメント
ブログ内検索
プロフィール

雷ぶ

Author:雷ぶ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月間アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。