スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手コメントを見る

着信アリ?(笑)

仕事中にケータイが鳴った。
マナーモードにし忘れてた。
知らない番号がサブ画面に表示されている。

「もしもし?」
「・・・・あのぉ、チラシみたんですけど・・・」
「え?どちらさまでしょうか?」
「・・・・えぇと、チラシに書いてあった番号にぃ・・・」
「えっと、どういったご用件でしょうか?」
「ここにある、融資についてちょっと・・・」
「??おかけ間違いじゃないでしょうか?」
「あ、これは失礼しました。では」・・・ガチャ。

お金に困ったらしい(想像)中年男の声だった。。。

世の中不況で厳しいのですね。

おじさん、お金借りることができたら、僕に少し分けてください。
電話番号は控えてありますので(笑)

というか、非通知にしないとダメじゃん! 拍手コメントを見る

コメント

No title

うちには、「○○○ファイナンスさんですか」とゆう間違い電話が2日に1本ぐらい、かかってきます(番号が似てる)。

いきなり「今月の引き落としなんですが」と具体的な話で来る人もいて、そうゆう人は、多少「間違いです」と指摘したくらいでは気づきません。

「お間違いです」
「カードの引き落としのことでね」
「ですから、電話をお間違えです」
「カードの担当じゃないの?」
「・・・」

他人事ながら、あの人はちゃんと返せるのだろうか、と心配になります。合掌。

No title

うちにも結構間違い電話ありますよ...

でもアメリカ人って電話マナーも良くない!!

自分でかけてきて、「あんた誰?」みたいに聞かれることがしょっちゅう。

「自分からまず名乗れ~!!」って、最近では英語で文句も言えるぐらいになったよ!!

えいかチャンともネットでつながってなんだか嬉しいです。

遅くなりましたが、今年もよろしく!

No title

携帯を変えてから、面白半分でメールの着信音を「着信アリ」の半音のガクブルメロディにしていたら、夜中に友達からメールが来て、まじでびびったv-12

うちにも間違い電話がよくあります。多分前の使用者Tさんに宛ててです。たいていは営業関係のものですが、先日年配の女性から「あらぁ、Tさんのおたくじゃないんですか?中学の同級生なんですけど…。どちらに行かれたのかしら…。」と本当に残念そうにおっしゃってました。
探してあげたくなりました(笑)

電話というツール

電話というツールの元来の機能を軽視されてきている様な気がする昨今ですが、やっぱり音声によるコミュニケーションには、独特のハプニングがありますよねぇ。

間違い電話をかけてきた相手をからかってやれ!と思うのは大抵電話を切ってから。

なんだか普通に接してしまう。

特に、今回のような(たぶん)「暗いお金」に手を出そうとしている人をからかう気には咄嗟にはなれません。
出来たとしたら神の領域に近づいた人なのかも(笑)。

>しおさん
相手の勘違いが続くような人だったら、僕ならその勘違いに付き合ってあげるなんて気になりそうで恐いです。自分のところにはシツコイ人からの間違い電話がかかってきて欲しくないですねぇ。

>アヌーカさん
「誰?」と相手に言われるのは、残念ながら日本でもありまするよ。
しかし、相手に気を遣って英語で撃退するとは!!ダメじゃないですか。
そこは、それ、一番怒りを出しやすい言語で挑むのが良いのではないでしょうかねv-218

>eika さん
着メロ、悪趣味ですねぇ。福が逃げますよ~v-8
非公開コメント
ブログ内検索
プロフィール

雷ぶ

Author:雷ぶ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月間アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。