スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手コメントを見る

読書家の楽しみ

こんな無料サービスがあった。
本の洋服屋さん

かなりナイスなサービスだと思います。
けど、自宅のプリンタ、インク切れてる。。

----

最近読んだ本。
「半島を出でよ(上・下)」 - 村上龍
「誰か Somebody」 - 宮部みゆき

村上龍の文体は、最初は非常に読みにくかったけれども、慣れてくるとサクサクすすめました。内容も面白かったです。ただ、本作品には登場人物が多すぎて、疲れました。

宮部みゆきは、個人的に最後の砦にしようと、これまで読むのを頑なに避けていたのですが、なぜかタイトルに魅かれて購入してしまいました。で、読みやすさったらこの上ない。すばらしい。でも、本作品の内容は火サス級でしたが。

休日、本屋に行ったら、久々にディーン・クーンツの新作(?)文庫が目に入りました。上・下巻で、上巻の背表紙の要約にそそられるも、文庫に\1,200級の価格設定をみて唖然。
中身をチラ見して、でかい文字が使われているのを確認し、撃沈。別の日に別の本を買うと決心しました。

次、何読むか決めてません。
探し続けている楡周平の「ガリバー・パニック」が見つかりません。
残念。 拍手コメントを見る

コメント

おお!

洋服やさん!今度活用してみたいですが、インクけちってる我が家には不向き(笑)

あと、リサイクルインクは色が悪くて、突拍子もない出来上がりになりますのでご用心。

最近、目も悪くなり文庫本は到底読めなくなりました。ハードカバーは高いので、もっぱら図書館通いです。トホホ。
Book offでいい本を見つけた時はすごく得した気分。

頭も鈍くなってきたので、難しいものも読めませんが、本を読む気になったのも、少しは元気になった証拠かなと思います。少し前までそんな元気もなかったもんね。イエイ。

No title

村上龍、結構好きなんですが、「半島を出よ」はまだ読んでいないんですよ...「コインロッカー・ベイビーズ」とか「愛と幻想のファシズム」みたいな昔の長編はよく読みました。

本の洋服屋さん、面白いサービスですね。ただ、自分は紙製ではない文庫本のブックカバーは何故か4つも持っているのですが、単庫本用のが無いので、今度活用してみたいです。

No title

背伸びしてもっと硬派な文学に行きましょうよ。

最近の文庫は文字がでかくて読みずらいですね。その分厚くて持ちずらいし。

No title

おお、素敵サイト~
ご紹介ありがとうです。

最近読んだ本は有川浩の「阪急電車」
かなり胸キュンっすよ。

宮部みゆきは「火車」と「クロスフィア」と「レベル7」が好きです。

読み返すヒトじゃない

本読んで読み返すヒトじゃないんです。教科書や参考書や辞書以外は。
なので自分にとって本は暇つぶしの道具なんだと思います。

>eikaさん
ブックオフでガリバーパニック探してみます。

>たつん
文学作品なのかどうか解りませんが、綿矢りさの「蹴りたい背中」や太宰治の「人間失格」や夏目漱石の「三四郎」など読んで、何が面白いのか?だったので、まだまだ敷居は高い様です。

>ヒラ社員さん
村上龍って会話をダイジェストにする傾向が高かったりします?だとしたら感情移入しにくいかなと、他の作品に二の足踏んでます。

>roeさん
「阪急電車」って文庫がまだなんですね。僕は文庫君なんですよ。
「文庫君」を唇付けないで発音すると…は、置いておいて、次は「レベル7」にしよっかなぁ。

ありがとうございました。
非公開コメント
ブログ内検索
プロフィール

雷ぶ

Author:雷ぶ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月間アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。