スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手コメントを見る

織田信長再び

「織田信長です」
「?違う!織田信長です」
「…おだ信長です」
「違う!『お』が違う!」

今朝、朝食後。久々に織田信長の声色論争が再燃した。
一体何が違うのか。

「じゃ、空海。やってみて。」
「くうか…」
「違う、『私は…』からでしょ!やって。」
「…私は空海です」
「ちょっと違う!」
「…わたしは空海です」
「違う!違う!全然違~う!」

何だ?コイツ何者?

「空海は唐で真言密教を習得して日本に伝えたんだよ?その気持ちを考えてやってみ?」

「(は?)…わたしは空海、です」
「違う!『は』が違う!」

「織田信長です。織田信長です。織田信長です。私は空海です。織田信長です!わたしは空~海です!」

「…全然違う…」

何年経てば認めてくれるんだろうか。いや、そもそも認めてもらう必要があるのだろうか?

疑問に思いつつ、彼女が言った蘊蓄が耳に残った。

「最澄はね、朝廷の命で先に唐に渡ってたの。で、空海は私設で後から渡ったにも関わらず、最澄より先に真言密教を習得して日本に持ち帰ったの。最澄は歯がゆかったと思うよ~。」

「へぇ…私は最澄です」
「ん、それは知らない。」 拍手コメントを見る

コメント

非公開コメント
ブログ内検索
プロフィール

雷ぶ

Author:雷ぶ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月間アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。