スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手コメントを見る

コレはしてやられた。

超速で読めた「藁の盾」。
ろくでもない人間の屑を守る羽目になった警察の物語。

サクサク進んで結構面白がった。

で、同時に買っていた「閉鎖病棟」を次に読んでみた。「藁の盾」と比べて字が小さく、最初は目がショボショボになったけど、読み進むうちにその世界に入り込み、クライマックスは人目もはばからずに電車の中で泣いた。

優しく温かな視点で閉鎖病棟を描かれた本書の著者は、本業が精神科医だそうな。

映画にもなっているらしいので、いつか観てみたい。

(多分)純文学も良いもんだ。 拍手コメントを見る

コメント

非公開コメント
ブログ内検索
プロフィール

雷ぶ

Author:雷ぶ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月間アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。