スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手コメントを見る

迷子の迷子のカルガモちゃん

GW突入!!
・・・したけれども、僕はカレンダー通り、律儀に働く予定です。

さて、昨日の日曜日、とんだハプニングがあり、カルガモのヒナを保護しました。


モーフィーを病院に連れて行き、フィラリアの検査した後、近所のせせらぎ遊歩道に散歩に出かけました。
人工的に造成されたせせらぎに、今年生まれたカルガモのヒナたちが寄り添って日向ぼっこしていたり、微笑ましい風景を堪能して家路につきました。

帰宅後、モーフィーを留守番させて、2人で買い物に出かけるため駐車場に向かったら、マンション敷地内の階段にちょこちょこ動くものが目に入りました。

なんだ?と思って近寄ってみたら、カルガモのヒナでした。

なんでこんなところに?と頭の上には「?」がいっぱい。
うまく説明できませんが、うちのマンションの構造からして、通常ありえない場所にそのカルガモは居たのです。

とりあえず保護したものの、どうすりゃいいのかサッパリわかりません。近所と言っても、前述のせせらぎ公園は自宅から2kmくらい離れているから、そこで放すわけにもいかんだろうし、そもそも、さきほど見かけたカルガモ達と比べると、保護したカルガモは明らかに体の大きさが違う。掌にすっぽり入る小ささです。その事から別の場所で生まれたのだろうと、容易に推測がつきました。

それとも、マンションの住民の誰かが飼っているのか?カルガモを?まさかぁ。。。

放っておくわけにもいかず、とりあえず川崎市がやっている動物愛護センターに向かってみましたが、あいにくの日曜日。当直の人もおらず、もぬけの殻。

いつもモーフィーがお世話になっているモトスミの「ホイス?」というペットショップに電話して、お兄さんに事情説明したら、「鳥を扱っているところなら、詳しいかも」との事で、モトスミの別のペットショップに行き先変更。

店のおじちゃんに事情を説明したら「トリ込む」って事だから飼ってあげると幸せになるかもよ~と呑気な事を云われたりもしたけれど、とりあえず預かるとしても今日1日。明日は愛護センターに連れて行くつもりだから、何かエサになるものをください、と。

で、カルガモのヒナって何食べるかわかんないから、ウズラの餌をふやかして与えてみるとか、1羽だと体温確保が難しいから暖かくしてあげないとだめだとか、アドバイスを頂き、ウズラの餌(250円)を購入後、一旦自宅に戻る事にしました。

帰宅後、小さめの段ボールを用意して、空気穴をあけ、新聞紙を切り刻んで床に敷きつめ、そこに放してあげました。
急いで、ウズラの餌をふやかして、小皿に盛りつけて段ボールの中に入れたのですが、ピピピピピピ・・・・と鳴きながら、どうにかして外にどび出そうとピョンピョン跳ねるのです。

一切食べる気配なし。

暗くしてみたものの、ピピピピと断続的に鳴くものだから、モーフィーがビビってバフバフ言い始めるし、このままだと体力がなくなって、朝まで持たないかも、と。

こうなったら、モーフィーがお世話になっている近所じゃない動物病院に電話してみたら、しばらくお待ちくださいと言われた後で「じゃ、うちで引き取りますので、連れてきてください」と。

助かった。その病院は魚も鳥も猫も犬も、ありとあらゆる動物が対象だから、間違いなく大丈夫だろう!・・・・でも、ちょっと遠い。

そんな事も言っていられないので、ご好意に甘えて引き渡してきました。
ちょっと困った顔されていましたが、「うち(病院)で育てますから」と。

ほんのちょっとの間だったけれど、智蔵が「ぴーちゃん」とセンスのない名前を付けていたカルガモは我が家から巣立って行きました。

ムービーは別れ際にケータイで撮った「ぴーちゃん」です。体長6~7センチくらいの可愛いカルガモでした。

----------------------------------------------------------------
「追記」
コメント頂いた「まよまよ」さんのブログのカルガモ記事をトラックバックしてみました。
(使い方、あってんのかなぁ。トラックバックっていまいち理解できてないんですけど)

ぶーぶーコンビに癒されてくださいませ。
一応、リンク貼っておきます→ぶうぶうず
拍手コメントを見る

コメント

ぴーちゃん、可愛い!カルガモって飼っていいんですか?
しかしいったいどこから来たんでしょう。謎ですね。。

野鳥なので飼うはNG

JHz さん。
野鳥は飼っちゃいけないそうです。
保護しても30日くらいまでなら(治療・加療目的で)面倒を見ても良いらしい。

で、どこから来たのか?
後日、管理人さんと話した智蔵から聴いたところ、ここ数年、マンションの敷地内でカルガモが産卵しているらしいのです。

水もないのに・・・・

はじめまして…

はじめまして…、かるがも…のキーワードで立ち寄ってしまいました…。^^;
うちの近所の公園の池に、4/17に13羽の雛が孵って、
ワタシは4/20に偶然はじめて雛に遭遇したんですが、
その時はすでに10羽しか居なかった。(>_<)
とにかく可愛くて、可愛くて、毎日のように見に行ってました。
でも…、8羽になって、6、4、2…
どんどん減ってゆき、今は全滅…(>_<)
同じ池に居た雄のカルガモも敵だったみたい…。
その池には、鳥たちのいくつものドラマがあったことを知りました。
なんだか、切なくて、寂しくて…
未練たらしく、ついカルガモの投稿を探してしまった……。(T-T)
助けた雛ちゃん、無事大きくなってほしいですね。^^

自然の摂理?

まよまよさん、
はじめまして。コメント有り難うございます。

(人間が歪めた感が強い我々の)近所においても、自然の摂理はあるようですね。

まよまよさんが直に体験された事は、ご自身の中で貴重な出来事だったと思います。興味を持った事により、別の視点が得られたのではないでしょうか。

我々はどうすればいいのか考えるチャンスを頂いたんだと僕は思っています。

こちらは先ずは親カルガモに、産卵場所は此処ではないという事を如何に教えるか考えないといけないのかな。

さて、ぴーちゃん保護直前の散歩で見掛けた別の雛たちは、数日前に近所を車で通過した時に人だかりが出来ていたことから、全羽かどうか解りませんが生存はしているようです。

しかし、パン屑などを与えている方がいらっしゃるのですが、どうもパン屑などは鳥たちには良くないような事をワイフが申しておりました。

よかった♪

別の雛ちゃんたちは、元気そうで良かったです♪
え?パン屑はいけないんですか???@@
なんででしょう?
ずっと上げてました。(>_<)
公園の主みたいなおぢさんは、軽いパン屑は、風で舞ってしまい
池じゃない場所に落ちるとカラスなどが寄ってきて
雛が危険だ……とは言ってました。
その後も公園には時々行くのですが、
カモ親子がいない池は、みょ~~に寂しい…。
飛べないアイガモ(OLさんが自宅で少し育ててから池に返したら、
みんな渡ってしまった後で、飛び方を教わってないから飛べない…)と
足を怪我して、やっぱり飛べない金黒羽白の2羽だけが、
ポツン…としていました。これも切ない…。
区が水鳥のために小屋をつくってくれたらいいのにな………(-_-。

そのう炎や消化官真菌症

まよまよさん、
ここの情報など如何でしょう?
http://nihon.matsu.net/nf_folder/nf_mametisiki/nf_tori/nf_tori_kaikata.html

「そのう炎 消化管真菌症」で検索するとよいみたいです。

カモへのえさやりについて

私がぴーちゃんを保護して、情報を探しまくった時に偶然読んだ「カモにパンをあげてはいけない」の情報は以下の通りです。

「・・・野生生物は本来自分で餌を採って生きています。
 人間が餌をやってしまったら、餌を見つける能力が低下して、北国へ戻る時期が遅れます。
 また、パンなどはカロリーが高く肥満になって、長時間飛べなくなってしまう鳥もいます。太り過ぎで猫などに襲われてしまうこともあります。
 肥満になると人間も体調を崩しますが、カモはホルモンバランスが崩れて、繁殖にも影響が出るし、渡りの衝動が起こらなくなってしまうそうです。
 さらに、渡らないで居残ってしまうと他の日本にいるカモと交雑して雑種が出現してしまい、結果的には、生態系を壊すことになるのです。

 また、餌やりによる水の汚染も深刻です。
 「パン1枚ならいいじゃないか」と言う人がいますが、そういう人が百人いたら、千人いたらどうなるでしょうか?
 水槽で飼う金魚に食べきれない餌をやると、水はすぐに濁ってしまいますが、池も同じです。たくさんの餌をやって食べきれるはずがありません。
 ここ数年、鳥インフルエンザが脅威となって、鳥類の輸入を禁止している国が多くあります。野鳥は多かれ少なかれ細菌やウイルスを持っていますからその点でもカモとの距離を保たなければなりません。・・・」
↓出典
http://archive.mag2.com/0000108487/20080104161000000.html

野生動物は、見守ってあげるのが一番なんですね。
非公開コメント
ブログ内検索
プロフィール

雷ぶ

Author:雷ぶ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月間アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。