スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手コメントを見る

マーブルフライパン(7層)

先月、智蔵が花粉症によるくしゃみで首を痛めた。
整形外科の診察では、「ぎっくり首」との事。
なんやそれ?って名称なのだけれども、通称らしい。

右手が痺れて、ほんの数秒間しか肩が上にあがらず、力も入らないという状態が数週間続いている。
首筋から背中。腕にかけて湿布を貼り、筋弛緩剤のようなものも服用しているだけれども、なかなか回復に向かっていない。
昔昔、結婚する前だったかな?参加したバイクのオフロードレースで彼女が首を痛めたときに、茂原の病院に暫く入院していたのだけれども、そのときだったかに作った首のコルセットを物置から引っ張り出して、今また、それを着けて生活している。ただ、かなり不便そう。暑いと首の周りが蒸れて大変なのだそうだ。

というわけで、僕の料理の機会が断然に増えた。と言っても、毎日終電で帰る身のため、土日と木曜日くらいしか料理はできない。ただ、料理といっても大したことが出来るわけではないのに、美味しいとは言ってくれるけど。。

で、我が家で10年選手のコーティングがはがれたフライパンを我慢して使っていたのだけれども、炒飯やらつくろうとしてもフライパンにべったりくっついてしまっていたので、もういい加減ポイして新しいのを買おうという事になったは、首を痛める前の話。
購入したのは巷で話題になっていたマーブルフライパン(7層)。

これが、かなりの優れものフライパンで、油を使わなくても、薄焼き卵がくっつかないのだ!という宣伝文句だった。

本当だった。
炒飯もパラパラに仕上がる。感動ものだ。

カレーの具材を炒める時や、マーボーナス、野菜炒めに、焼きそば。
次は、次は?とオムライスなんてのも挑戦してみたりした。

まぁ、美的料理としては、どれも失格な見た目&盛り付けなのだけれども、道具が良いと何だかワクワクしてくるものなのだと実感してしまい、意識が少しだけ変わった。

例えば、包丁の切れ味が悪かったまま使っていたのだけれども、ちゃんと磨いでみたり。
切れるようになった包丁で、トマトに薄く切り込みを入れて湯剥きしてみたり。
キャベツの千切りやったり、、、って、アレ?包丁の話になってしまった。ま、いっか。 拍手コメントを見る

コメント

非公開コメント
ブログ内検索
プロフィール

雷ぶ

Author:雷ぶ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月間アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。