スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手コメントを見る

イタリア語 incognito

incognito はイタリア語で「匿名者」(名詞)、「匿名の、偽名の、お忍びの」(形容詞)
という意味らしい。

Google が発表したチョっ早Web Browser Google Chrome には、incognito モードなるものが存在するらしく、訪問履歴を残さない状態でブラウジングできる機能だとか。

この記事読んでて、"incognito" なる見慣れない単語に出くわし、英辞郎で調べてみたらイタリア語であるという説明があった。

で、"incognita" という単語もあり、こちらは "incognito" の女性形らしい。
インコグニータ・・・なんとなく響きが Hall and Oates の "Maneater" に似ている。

Maneater といえば、空耳で「あ、俺、困~らない!」で始まるアノ歌です。(→Lyrics
では、どうぞ。

拍手コメントを見る

tag : Hall Oates Chrome incognito incognita

コメント

いんこぐにと

単語に釣られてやってきました(笑)

スペイン語にもincógnito/aって単語があってですね、「未知の」とか「お忍びの」って意味なんですが、アクセントはコにあるんですよ。
ま。それだけなんですが(笑)
スペイン語で「匿名の」はanónimo/aって別の単語なので、ちょっと面白いな~って思いました。

anonymous

英語だと"anonymous"ですね。よく耳にする単語です。
イタリア語でも anonimo/a があるようです。

微妙に意味が違うようですね。
ご指摘のように、「お忍び」的意味が incognito/a で、「匿名」的意味が anonimo/a っぽいです。

それぞれ英単語の場合ですけれども例文がありました。

incognito:
mean -> without letting people know who one is. e.g by using a false name
example -> He traveled incognito to Paris.

anonymous:
mean -> without the name of the author, give etc being know or given

example -> The donor wished to remain anonymous
example -> an anonymous poem

どちらかというと、自ら身分を隠すのが incognito/a で、誰だかわからないって時に使うのが anonimo/a ですかね。でも、"donor~"の例文だと自ら身分を隠しているし、、よくわかりません。

------
ところで匿名にも性別があるってのが面白いですね。
非公開コメント
ブログ内検索
プロフィール

雷ぶ

Author:雷ぶ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月間アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。