スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手コメントを見る

セカンドカーからはじめよう

Raizo's 2nd Car = R2
という事で、SUBARUR2 が年末に納車される事になりました。
SUBARU は軽自動車の開発から撤退するため、R2 世代は最後のSUBARU謹製の軽自動車になります。

しかし、この不景気なときに新車を買ってしまう、おばかさん。

でもね、0円 なんですよ、諸経費含めて、0円。
中古だから?
ミニカーだから?
写真だから?

いえいえ、本物の新車が0円です。

・・・というのも、しめ鯖号(6年目)を下取りに出したからです。
SUBARU IMPREZA STI (GDBC)。俗に言う涙目インプ。
車体が青いところから連想して「しめ鯖号」と名づけてしまったワケですが、彼はこれといって故障もなく、アクセルにリニアに反応するし、4WDのクセにキビキビ曲がるし、機動性能は数年経っても色あせることもなく、非常に良い、当たり車でした。

しかしですね、維持費が高いのですよ。
任意保険に至っては毎年16万円が飛んでいくし、ハイオク仕様で燃費は街乗りで6~7リッター。
ま、運転が下手だからってのもありますが、ガソリン代が高くなってからというもの、2,500rpm しか出さないように努力してもこの結果なんですから。

8,000rpmからレッドゾーンの車で、2,500rpmしか回さないんですよ。このままだとエンジン腐っちゃいますよ。
280馬力が泣いちゃうぜ。

というわけで、今の我が家には勿体無いほどの車性能って事で、手放すことにしました。

智蔵を説得していると、彼女は涙目になりながらも、次の一言で納得してくれました。

「またいつか、(STI)買える様になるから。(R2は)セカンドーカーをまずはじめに購入したと思えばいいじゃん。」

さて、R2
今度のボディーカラーは、シャンパンゴールドです。魚に例えるとシロギスの様な色をしています。
「シロギス号」?いやいやいや、却下。

※シロギス画像→こちら

そもそもナゼ魚に例えなきゃならんのだろうか。
ちょちょちょ、いやナゼ呼称を考えなきゃならんのだろうか。

という思考はおいておいて、アノ色はどうしたってシロギスだろ~という事が頭から離れません。

しめ鯖の流れからいうと、ちょいと捻って、「(きす)天号」ってのはどうよ?と。

・・・ついて来いよぉ 拍手コメントを見る

tag : SUBARU R2 IMPREZA

コメント

おお、スバル乗られていたのですか!思い返すと奥様がスバルファンだったような記憶がありますが、雷蔵さんも好きだったとは。富士重工って自分は割と最近に知ったのですが、前身は中島飛行機で、それをきくと技術力は高そうですね~。

スバルにのったら他は行けません

>山びこ様

車に関して、趣味の全く合わない2人の間で意見の一致した唯一の車が、SUBARU Impreza STi Version3 でした。

重いクラッチ、重いハンドル、ドロドロと咆哮するボクサーエンジン。悪路も(ある程度)平気で走る走行性能。

乗ってみて、いいとこも、わるいとこも、ぜーんぶひっくるめて、SUBARU車に惚れちゃったんですよね。

そんな流れで、モデルチェンジの時に試乗してみて買い換えてしまったのが、現在の「しめ鯖号」だったんです。

クラッチが軽くなって、シフトもカチカチ入りやすくなったし、エキマニが等長になってドロドロというエグゾーストノートが無くなって、「なんか、Impreza ぽくないなぁ」などと最初は思ったんですけどね。

クリスマスに「鱚天号」が納車されますので、「しめ鯖号」との生活も残り1週間。

明日は浅草あたりをドライブしようと思ってます。
非公開コメント
ブログ内検索
プロフィール

雷ぶ

Author:雷ぶ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月間アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。