スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手コメントを見る

女性が主役の三部作?

昨晩深夜、テレビで「僕の彼女はサイボーグ」を放映していました。
僕の彼女はサイボーグ 通常版 [DVD]僕の彼女はサイボーグ 通常版 [DVD]
(2008/10/17)
綾瀬はるか、小出恵介

商品詳細を見る


最初の30分でかったるくなったので、録画しておいて続きは明日観よう!と睡眠に。

で、今朝家事をしながら続きを見てたのですが、昨晩の感想から進展はなく、ずーっとけだるーい感じ。
素人さんが投稿したような秘話みたいなものをチョコチョコいれて無駄という名の砂糖で作品の完成度がアマアマになっている気がします。

この監督さんは「猟奇的な彼女」でヒットして、続いて「僕の彼女を紹介します」でも評価された方なんですが、「僕の彼女を紹介します」あたりから映像美が前面にでてきちゃって、肝心のストーリーで視聴者を引き込む展開がなりをひそめてしまい、残念な感じがしたんですけど、この「・・・サイボーグ」も「そのオチにもっていくのに時間掛けすぎ」と思わせてくれるお話でした。

でも、綾瀬はるかが可愛いので★2つ。

猟奇的な彼女 [DVD]猟奇的な彼女 [DVD]
(2003/07/25)
チョン・ジヒョン、チャ・テヒョン

商品詳細を見る

僕の彼女を紹介します [DVD]僕の彼女を紹介します [DVD]
(2009/07/22)
チョン・ジヒョン、チャン・ヒョク

商品詳細を見る


拍手コメントを見る

コメント

No title

久しぶりです。『猟奇的な彼女』先日みました。僕としては、この手の恋愛にはハッピーエンドは望みながらもありえないと思ってますが、話は前半、後半、延長戦と別れていて、ハッピーエンドになる延長戦は元の話(電車男みたいにネット小説だったらしい)にはなくて、視聴者心理を考えて映画用に足されたと知りました。

なんとなくそんないきさつが『東京ラブストーリー』みたいだと思っていたら、日本番の『猟奇的な彼女』の脚本家は『東京ラブストーリー』の人でした。僕は『東京ラブストーリー』はDVDボックスセットもシナリオも持ってます。今、見ると、名作とわかります。恋愛は4人でするプロセスというフロイトの言葉がありますが、映画だけど構成の似ている、評価の高かったハリウッドの『クローサー』と比べるといかに名作なのかわかります。

まさに!

この監督の映画は
前半、後半、延長戦
というパターンで言い表せますね。

僕の中では「猟奇的な彼女(映画)」は延長戦があってはじめて成り立ったストーリーだと思います。
あとの2つは駄作と言っては失礼かもしれませんが、映画館で見なきゃならんものでもなく、DVDで見る必要もなく、テレビでやってたら暇つぶしにみてみる程度の評価です。

東京ラブストーリーは、マンガが流行ってましたね。ちょい年上のお姉さん方に人気があったような記憶があります。鈴木保奈美が赤名リカやるってんで「ヴェェェ!!??」と思ってましたが。というのもマンガの人物像で想像できたのは、あんな(当時)かわいこチャンじゃなかったんで。

んで、名作でしたっけ?
織田裕二が邪魔して、もう記憶が定かではないです。

ところで、日本版の猟奇的な彼女って、草なぎ剛と田中玲奈が主演したテレビドラマのヤツですかね?あれは、、、、イタかった。
非公開コメント
ブログ内検索
プロフィール

雷ぶ

Author:雷ぶ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月間アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。