スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手コメントを見る

リスナー心理としては

NEWSをみてて思ったことです。

中継先からレポーターが原稿を読み上げたあと、スタジオのキャスターが、そのレポーターに質問をしました。
レポーターは原稿に目を通しながら、その質問に回答しています。

普段からよくみる光景です。

が、

読み上げる原稿があるならば、最初から全部読めば?と思ったんです。
レポーターからすると分かりきった質問がキャスターから発せられるわけですから、なんともまどろっこしいやり取りではないかいな?と。
大雑把なりにも台本があるわけです。NEWSなのに。

伝える手段としては何が違うのかと考えてみたのですが、リスナー目線だと次の2つに分類できるのかなと。
・スピーチを聞く
・会話を聞く

別の見方をしてみると、こうなるか?
・ピン芸人を観る
・漫才を観る

違うか・・・、まそれはおいておいて。

聞き手としては、単一の人が続けて話すよりも、複数の人が会話している状況の方が理解しやすいのでしょうかね?
リスナーを巻き込んでプレゼンする人を見かける事がありますが、上手いなと思うときもあれば、やりすぎと思うこともありますし、人心掌握に王道ってのはないんでしょうね。

キャスターの質問内容は、視聴者の代弁なんでしょうけど、あんまりチープだとゲンナリしますし、台本=スクリプトを考える人っての気を使うんでしょうねぇ。

拍手コメントを見る

コメント

非公開コメント
ブログ内検索
プロフィール

雷ぶ

Author:雷ぶ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月間アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。