スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手コメントを見る

ブレーキとアクセルを踏み間違える?

どこかに突っ込んだとか、転落した事故とか。
何度もなんども同じセリフを聞きます。

「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」

なんで?なんで?

パニックになるとダメなんですね。
止まるはずなのに止まらない!!って更に踏みつけるんでしょうね。

マニュアル車の場合、急ブレーキの時って停止時のエンストを防ぐ目的でクラッチを切りますよね?
クラッチ切った状態で、間違ってアクセル踏んでも加速するわけがなく、運動抵抗が少なくなったエンジンは回転数が一気に跳ね上がるから、少なくとも視覚と聴覚の両面から「違う!」って気が付きやすい。

一方、オートマチック車は、こういった副産物的な安全装置はあり得ないんですね。
ブレーキペダルを大きくしていてもダメって事らしい。

どうせ遊んでいる左足です。有効活用を考えてみました。

急ブレーキをしようと考えている場合、ドライバーも踏ん張ろうとするでしょう。
そのときに左側にペダルがあり、それを踏むと仮定して、左側のペダルと右側のアクセルが同時に踏まれたら加速しないっていうのはどうでしょうか。

だめですね。

単純な方がいいから、ブレーキペダルを左足が届くところまでカバーするような巨大なものにするのが現状よりはベターというところでしょうか。

どちらにせよ車からすると、停まるの?走るの?どっちなの!?って感じでしょうが。 拍手コメントを見る

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

コメント

非公開コメント
ブログ内検索
プロフィール

雷ぶ

Author:雷ぶ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月間アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。