スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手コメントを見る

ナノコモとは

地域限定の言葉ってのがあります。大きく見ると「方言」といえるかもしれません。
その規模を縮小していってみると、ある集団や団体でのみ通用する言葉、いわゆる「業界用語」みたいなものなります。

更に身近に考えると、家族内限定で通用する言葉。
そういう特殊な用語というのが、どの家庭でもあるんじゃないか?と、ふと思い立ち、こんなエントリーをたててみました。

======

我が家では昔から特殊な造語が横行していました。
駄洒落好きな兄がコトバアソビをよくしていたからだと思います。

ひとつ紹介します。

「ナノコモ」

これなんだと思います?
最初は「コモノナ」と言っていた気がするのですが、そのうち「ナノコモ」とアナグラミング。

答えは「」です。

響きが可愛くて未だに使用頻度が高い造語です。
先日の愛犬モーフィーが患った肛門嚢破裂が起こった際、相方が放った一言。

「モーフィーのナノコモが変だよ!!??」

こういうのは浸透するのに時間がかかりません。 拍手コメントを見る

コメント

非公開コメント
ブログ内検索
プロフィール

雷ぶ

Author:雷ぶ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月間アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。