スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手コメントを見る

道具として寿命なのかも

約2年前に購入した、マーブルコーティングのフライパン。
最近、やたらと調理中に焦げ付くようになり、具材が引っ付くようになりました。
炒飯とかつくると悲しくなってしまうほど、ご飯がこびりつきます。
購入当時(参考)は、油無しでここまで!!と感動していたのですが、やはり年月とともに劣化してしまったようです。

まぁ、大して高価なものではないので、買い換えるという選択肢もなくはないのですが、なんとなく、捨てるには勿体無い・・・って思ってしまうんですよね。ただ、使えなくはないけど、利用の都度ストレスが溜まるというのは精神衛生上よくないし。

調理する上で道具や環境って大事だとつくづく感じてて、ひとつ道具が良くなれば、あっちも良くしたくなるし、と連鎖的に好転に向かうんだと思うんですよ。それが先の「参考」にあった過去日記の内容です。
なので、たったひとつの道具でも悪い方向に向かいはじめると、なんとなく全体的に負の引力に魅了され始めるというか、なんというか。

話は飛んで、

「結果が悪くても、その結果に至るまでの行程ができた事というのは、良かったことなのではないでしょうか。」

とは、相方の主治医のお話。
それまでやる気が起きなかったことが、やる気がおきるまでになったというのが偉大なる進歩であるというのは同意見で、うんうんと頷いてしまったわけなんですが、この考え方を応用して、

「マーブルコーティングのフライパンがその性能を発揮できるのは、我が家の使い方でおよそ2年である!」

という結論が導き出せたこと。これこそが貴重な経験なのかもしれないと思うようにしました。
なので今、ここに宣言します。

「6月の給料が入ったら新しいフライパンを買います!!」

調理がもっと楽しくなります様に。
拍手コメントを見る

コメント

No title

今使っているものは、「ちょっと煮る」とか、「ちょっと蒸す」とかいう時に使えばいいと思います。

役割変更

> roe さん

はい、ローテーションって事ですよね。
で、でも、すでに2個ほどバックアップなフライパンがあったりするんですよね。
古い順から引退って事になりますかね。

なんとなく、人生の縮図を見ている気がしてきた。。
非公開コメント
ブログ内検索
プロフィール

雷ぶ

Author:雷ぶ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月間アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。